ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

肩もみしても治らない肩こりは心臓が原因かも

日本人の10人に1人が悩んでいるのが「肩こり」です。慢性化すると日常生活に支障をきたすこともあります。じつは、肩もみしても肩こりが治らない人は心筋梗塞の可能性があるのです。『ジョブチューン』の「医者ぶっちゃけSP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
肩もみしても治らない肩こりは心臓が原因

肩もみなどでよくならない肩こり

肩こりは、基本的にはマッサージやストレッチ、温めるといった治療で改善するもの。しかし、肩もみなどの治療でよくならなかったり、痛みの出方が違うという肩こりは、心筋梗塞や狭心症といった心臓の病気であることが多いのです。

心臓を支配している神経というのは、心臓から首を通って脳に信号を送っています。このとき、肩や神経と近いところを通っているため、そこに痛みがあるように脳が感じてしまうというわけです。

この痛みはは「放散痛」「関連痛」とも呼ばれています。神経は枝分かれをして各所に伝わっているため、脳は同じ神経の束や隣接する神経の束の信号を、痛みが発生している場所と勘違いをする場合があるのです。

肩もみで治らない痛みは専門医で診察

本当は心臓のほうからきている痛みにもかかわらず、実際に脳で感じるときは「肩周辺が痛い」「胸の上のほうが痛い」となってしまうのです。これでは肩もみで痛みが解消するはずもありません。

実際、心臓外科には整形外科から紹介されてくる患者が少なくないとか。じつは、肩こりだからと放っておいてしまって、大きな発作がおきて救急車で運ばれるケースも珍しくないのです。

心臓の病気以外にも、肩こりとなって現れる病気は数多くあります。肩こりくらい…と思ったりせず、肩もみで治らない長引く痛みはしっかり専門医で診察してもらうことが大切です。

■「肩こり」おすすめ記事
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?
肩こり解消!背骨のゆがみをタオルで矯正!!
肩甲骨のゆがみが「肩こり」を引き起こす!
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!
ひどい肩こりは「くも膜下出血」の危険アリ
猫背の肩こりを解消するゆがみリセット方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事