ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腸内環境が改善するインナーマッスルの鍛え方

じつは腸の周りのインナーマッスルである腸腰筋を鍛えると、便を押し出す力が付いて腸内環境が整えられます。これは腸内細菌研究の世界的な権威が実践している方法。さっそく、腸内環境が改善するインナーマッスルの鍛え方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
腸内環境が改善するインナーマッスル

腸内環境を改善するインナーマッスル

腸内細菌に関する研究の世界的権威が辨野義己先生。その休日の過ごし方に密着すると、腸内環境を改善するインナーマッスルの鍛え方がわかってきました。

休日の1日の始まりは、朝食前の愛犬との1時間半の散歩。なんと両手両足には合計6kgもの重りを装着しています。

そして、散歩中に必ず行うのが、右ひじと左ひざ、左ひじと右ひざが近づくように交互にひねる運動です。この運動によって、腸の周りのインナーマッスルである腸腰筋が鍛えられます。

インナーマッスルの大腰筋や腸骨筋

腸腰筋が腸内環境を改善する第一歩

さらに、足を大きく開いて背筋を立てた状態でスクワットも行います。この開脚スクワットで押し上げる力をかけることで、腸腰筋が鍛えられるのです。

加えて公園のベンチでは腹筋を90回。続いて、横向きになっての足上げを100回。腸腰筋を鍛えるためのトレーニングが続いていました。

運動不足は弛緩性の便秘の原因になります。トイレに行ったあとになんとなく残っている気がするのは、筋肉が鍛えられていないからです。腸の周りにある腸腰筋を鍛えて便を押し出す力を付けることが、腸内環境を改善する第一歩なのです。

■「腸内環境」おすすめ記事
免疫力アップには腸内環境をよくすることが重要
腸内細菌のバランス「2:1:7」は何を意味する?
腸内細菌を元気にする特製ヨーグルトセーキ
水太りする原因は腸内細菌が肥満型だから!?

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事