ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

群発頭痛が原因と知らず頭痛薬を服用して悪化

頭痛にはいろいろなタイプがあるため、対処法を間違えるとかえって悪化させてしまいます。その代表例が「群発頭痛」。群発頭痛が原因と知らず頭痛静剤を服用して、症状を悪化てしまう人が多いといいます。『みんなの家庭の医学』の「いま気をつけるべき病」で紹介されていました。



スポンサーリンク
群発頭痛が原因と知らず頭痛薬を服用

群発頭痛が原因と知らず市販の頭痛薬

「群発頭痛」とは、眼の奥にある血管が拡張することで三叉神経を刺激。強烈な痛みが1日1~2時間、およそ1~2ヶ月にわたって続く頭痛です。詳しい原因はわかっていませんが、この群発頭痛は専門の薬でしか治りません。

群発頭痛はつらい痛みを伴いますが、続くのは1~2時間程度と短いことも特徴です。このため、群発頭痛が原因と知らず市販の頭痛薬を服用して痛みが治まってしまうと、薬で治ったのか自然に治ったと勘違い。しかし、実際には群発頭痛はどんどんひどくなっています。

いまから6年前に群発頭痛を発症した41歳の男性の症例を見てみましょう。群発頭痛が原因と知らず頭痛薬を服用するという間違った対処法で、群発頭痛の症状を悪化させてしまった典型例です。

群発頭痛が原因と考えないことは危険

男性は小さいころから頭痛持ちでしたが、それが群発頭痛に変化したのは30代のとき。それまでの頭痛と違って、ガンとくる痛みと吐き気を伴うものだったといいます。

男性は群発頭痛が原因と知らず、いつもの頭痛薬で痛みに対処。すると、1~2時間くらいで楽になりました。しかし、この痛みが治まる時間こそ、群発頭痛の落とし穴があるのです。群発頭痛は、専門の薬でしか治りません。しかし、この男性は群発頭痛が原因と知らないまま3年ものあいだ、頭痛薬で対処して群発頭痛を悪化させてしまったのです。

症状を悪化させないためにも、群発頭痛が原因と考えないことは危険。1日1~2時間程度の強烈な痛みを感じたら、すぐに頭痛専門医を受診するようにしましょう。

■「群発頭痛」おすすめ記事
群発頭痛の原因は鎮痛剤でなく専門の薬で治す

■「頭痛」おすすめ記事
頭痛が治らないときに原因を絞っていく治し方
離婚している人に多い!?偏頭痛の原因と治し方
緊張型頭痛に隠された長引く頭痛の本当の原因
心臓に開いた小さな穴が頭痛を引き起こす!?
几帳面すぎる性格が緊張型頭痛の原因だった
「偏頭痛」は原因となる生活習慣を改善する

■『みんなの家庭の医学』
【いま気をつけるべき病】
偏頭痛で病院に行かずに薬局に頼って症状が悪化
偏頭痛は対処を間違えると症状が悪化する頭痛
頭痛は肩こりが原因ではなく「頚性頭痛」だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事