ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

偏頭痛で病院に行かずに薬局に頼って症状が悪化

ただの偏頭痛が「新型偏頭痛」に変化してしまったという症例を見てみましょう。自己判断で偏頭痛の対処法を間違えたことで、症状が悪化してしまった典型的なパターンです。『みんなの家庭の医学』の「いま気をつけるべき病」で紹介されていました。



スポンサーリンク
偏頭痛で病院に行かずに薬局に頼って悪化

偏頭痛で病院ではなく薬局に向かう

偏頭痛持ちの女性が病院に行かずに薬局に頼ったために、症状が悪化してしまった実例を見てみましょう。短大卒業後、地元企業に就職した女性に月イチ決まっておこるのが偏頭痛です。

仕事中に痛くなることを心配した女性は、念のために薬を1錠多めに飲むことにしました。そのうち、症状が出る前から早めに薬を飲むようになります。すると半年後、前々日に偏頭痛になっていたにもかかわらず、再び偏頭痛を発症。それ以来、偏頭痛は月に7~8回と頻度を増すようになったのです。

そこで女性が向かった先は、病院ではなく薬局。飲んでいる薬の鎮痛効果がなくなると、また別の市販薬に変える行為を繰り返すようになったのです。これが最大の間違い。この対処法が普通の偏頭痛を新型偏頭痛へと変貌させてしまう行為でした。

偏頭痛でも病院に行かず慢性化

女性の偏頭痛が大きく変貌するのは24歳のとき。それまでに感じたことない激しい頭痛が襲ってきたのです。しかし、病院で診察しても病気の原因はまったくわかりません。それ以降も、締め付けられるような痛みは頻度を増して襲ってきます。確実な対処法もなく、痛みが治まるのを待つだけです。

女性に転機が訪れるのは49歳のときでした。たまたま受診した耳鼻咽喉科で、同じ病院の頭痛専門医を勧められたのです。そしてようやく、頭痛の正体が明らかになりました。

その病名は「慢性偏頭痛」。新型偏頭痛と呼ばれる病気の正体です。月に1~2回しかおこらない偏頭痛が月の半分以上、慢性的におこる病気。この女性のような偏頭痛持ちが、病院に行かず自己判断で間違った対処法を続けることで慢性化すると考えられています。現在、この女性は頭痛専門医に3年ほど通って、ようやく慢性偏頭痛から脱却しました。

■『みんなの家庭の医学』
【いま気をつけるべき病】
偏頭痛は対処を間違えると症状が悪化する頭痛
頭痛は肩こりが原因ではなく「頚性頭痛」だった
群発頭痛が原因と知らず頭痛薬を服用して悪化

■「頭痛」おすすめ記事
頭痛の種類と対処法がわかるチェックリスト
離婚している人に多い!?偏頭痛の原因と治し方
緊張型頭痛に隠された長引く頭痛の本当の原因
心臓に開いた小さな穴が頭痛を引き起こす!?
几帳面すぎる性格が緊張型頭痛の原因だった
「偏頭痛」は原因となる生活習慣を改善する

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事