ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

子宮体がんの原因は太り気味の人ほど多かった

「子宮体がん」とは、子宮体部の粘膜に発生するがんです。子宮体がんの患者の80%は、50代以上が占めています。また、子宮体がんのリスクは「太っていること」で高まります。『みんなの家庭の医学』の「いま気をつけるべき病」で紹介されていました。



スポンサーリンク
子宮体がんの原因は太り気味

子宮体がんの原因はエストロゲン

子宮体がんのおもな原因は「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンにあります。長期間エストロゲンにさらされると、子宮内部の粘膜が異常に増殖。やがて粘膜の細胞に誤作動がおこり、がん細胞へと発展してしまうのです。

通常は妊娠することで、エストロゲンの影響は弱まります。それとともに、子宮体がんのリスクが減るものです。

しかし少子化のいま、妊娠することなくエストロゲンにさらされ続けている女性が増加。子宮体がんが増えているのが現状です。

子宮体がんの原因は太り気味に多い

エストロゲンの過剰分泌には、妊娠しないこと以外にも危険な因子があります。それが「太っていること」です。太っている人は、高エストロゲン状態になりやすいことがわかっています。

じつは、子宮体がんの原因となるエストロゲンの原料は、脂肪細胞に含まれるコレステロール。太り気味の人はエストロゲンの量が常に多い状態となるのです。

高エストロゲン状態は、子宮内部の粘膜の増殖を進行。子宮体がんの原因となってしまいます。50代を超えてメタボ体型の人は、不正出血など子宮体がんのサインに注意してください。

■『みんなの家庭の医学』
【いま気をつけるべき病】
子宮内膜症チェックは閉経後の人も確認すべし
卵巣がん検査を閉経後のシニア女性が受ける理由
子宮頸がんの原因は閉経後でも安心できない

■「子宮がん」おすすめ記事
子宮頸がん検診は5年間隔「HPV検査」でOK
子宮頸がんワクチンは1回接種で十分な効果

■「閉経後」おすすめ記事
池上季実子の更年期障害…ホットフラッシュ
身長が縮む!?骨粗しょう症で背骨が圧迫骨折
「骨粗しょう症」8割は女性…危険度チェック
ホットフラッシュの症状を改善する3つの対策

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事