ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

風邪をひいたらお風呂はダメ…はウソだった

「ネギ」を首に巻くと風邪が治る…という民間療法があります。しかし、ネギを首に巻いても風邪が治ることはありません。むしろネギを切り刻んで、お味噌汁などに入れて飲むのが効果的です。



スポンサーリンク
deep3

ネギやにんにくに含まれる苦味成分「アリシン」には、血行促進や疲労回復に効果があるといわれるからです。アリシンが体内に入ると発汗作用があるため、自然と熱を上げて下げる効果が出てきます。

「たまご酒」もあまりよくありません。アルコールを摂取すると、たらだが脱水症状になって粘膜が乾燥してしまいます。逆に、ウイルスに感染しやすくなるのです。

風邪をひいたら「お風呂」に入ってはいけない…というのは、多くの人が実践しているのでは? じつは、風邪をひいていたり熱があるからといって、お風呂に入っていけないわけではありません。これは、日本はお風呂が屋外にある場合や銭湯に行くことがあって、その際に冷えるので避けたほうがよいとされていたものです。

つらくなければお風呂に入ってかまいません。髪の毛を洗ったりすることで、ウイルスが取り除かれたりもするのです。

最後に「風邪薬」は、風邪を治すわけではありません。せきや鼻水といった症状を抑えるものであって、根本的に風邪を治すのは自信の免疫力しかないのです。その意味では、腸内細菌を整えると免疫力が高まるといわれています。

■「風邪」おすすめ記事
自宅で診断!風邪とインフルエンザの違い
風邪に抗生物質が効くのは細菌性の風邪だけ!!
長引く風邪は鼻茸(はなたけ)という病気かも
インフルエンザと風邪の違いを見極めるポイント
風邪で熱が出たら厚着をして汗をかく…は間違い
風邪はお風呂に入っていけない…わけではない!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事