ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

すぐ実践!インフルエンザの予防テクニック

すぐに実践できるインフルエンザの予防法を紹介しましょう。手洗いが基本中の基本であることは変わりませんが、予防に効く栄養素もじつは存在します。さらには、朝起きてすぐの歯磨きがインフルエンザの予防に効果を発揮するのです。具体的な方法を詳しく見て行きましょう。



スポンサーリンク
すぐ実践!インフルエンザの予防テクニック

インフルエンザ予防は手洗いが基本

インフルエンザの予防法は、なんといっても「手洗い」が基本です。たとえば1回のくしゃみで、60万個くらいのウイルスが飛び散ります。

それが乾燥した状態だと、空気中を漂っている時間がすごく長くなるため、インフルエンザに感染しやすくなるわけです。さまざまな場所を触った手には、ウイルスが大量に付着しているため、手を介して鼻や喉に侵入するのです。

緑黄色野菜に多く含まれる「ビタミンA」を摂取することも予防法のひとつ。目や鼻、口などの粘膜を正常に保つ働きがあり、ウイルスの侵入を防ぐのです。

朝の歯磨きがインフルエンザを予防

サンマや干し椎茸に多い「ビタミンD」には、インフルエンザを撃退するといいます。このビタミンD、太陽の紫外線を浴びると体内で生成されるもの。日光浴が効果的なので、日照時間の短い冬の間は、こまめに日光を浴びるように心がけましょう。

最近注目されているのが「口腔ケア」です。歯石や歯垢を取り除くと、ウイルスや細菌が増殖する酵素を除去することができます。インフルエンザウイルスは、細菌が出すたんぱく質と出会うことで感染しやすくなります。

とくに寝ている間は、唾液の分泌が減少してばい菌が増えているので、朝起きてすぐの歯磨きがインフルエンザの予防に効果を発揮するのです。

■「インフルエンザ」おすすめ記事
自宅で診断!風邪とインフルエンザの違い
高齢者にインフルエンザワクチンは意味ナシ
インフルエンザでも熱が出ない人が増えている

■「微熱」おすすめ記事
原因不明の微熱が続くのは「心因性発熱」かも
ストレスで微熱!?心因性発熱の症状と治療法

■「発熱」おすすめ記事
体温を上げる「発熱力」を強くする方法とは
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事