ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

血便の原因を血の色によって判別する方法とは

血便とはウンチに血が混じった状態、またはウンチの表面に血が付いた状態のこと。血便は、出血した部位によって血の色が変化するのです。このため、血便の原因は血の色で判別することができます。血便の原因を血の色によって判別する方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
血便の原因を血の色によって判別する方法とは

血便の原因が大腸がんの場合は汚い血

真っ赤な血のウンチのときは、直腸または肛門に近い部位に異常があるということ。ウンチの表面だけに血が付いていれば「痔」が原因の可能性が高くなります。切れ痔やイボ痔などが典型例です。

黒ずんだ血便が出るときは、肛門から遠い大腸・小腸・十二指腸・胃に異常の原因があることを疑いましょう。たとえば十二指腸潰瘍で出血があった場合、便は黒くなってタールのように見えます。俗にタール便ともいわれるものです。

血便の原因が大腸がんの場合は、それまで便秘症でない人が便秘になったり、粘液や膿みや壊死した組織のかけらなどが混じった汚い血の塊がウンチに混じるようになります。また、排便とは関係ナシに、これらが出ることも…。

血便が鮮やかな赤でも肛門がんが原因

目に見えないレベルで血が混じっている場合もあります。いわゆる便潜血です。肉眼ではわからない少量の血がウンチに潜んでいることを意味します。

健康診断で潜血反応が出ると、精密検査の指示が出るもの。精密検査では、どの部分から出血しているかを調べるために、エックス線検査や内視鏡検査を実施。潰瘍やポリープ、がんなどの出血の原因を調べます。

なお、血便が鮮やかな赤い血だからと原因は痔…と思っても、肛門がんが原因の場合があります。肛門がんと痔とは区別が難しい場合があるので要注意です。

また、直腸がんが原因で血便が出ているにもかかわらず、以前の痔の症状と同じだと自己判断してしまったケースもあります。それが原因で人工肛門をつけることになったり、命を落とすことになる人もいるのです。

血便があるときには自己診断は禁物。素人判断は命取りになることもあるので、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

■「血便の原因」おすすめ記事
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療

■「大腸」おすすめ記事
大腸がんを30分で切除する内視鏡によるESD治療
見逃すと危険!新タイプの「大腸がん」とは
大腸カプセル内視鏡が1月から保険適用に!
検便によるがん発見率を劇的アップする方法
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

■「血尿」おすすめ記事
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事