ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

南雲吉則のデトックス鍋で免疫力をアップする

南雲吉則先生が考案した、腸をきれいにして免疫力をアップするデトックス鍋のレシピを紹介しましょう。7種類のキノコとハチミツ、そして味噌を使った、腸内環境を整える究極のデトックス鍋です。『主治医が見つかる診療所』の「免疫力アップスペシャル」で紹介されていました。



スポンサーリンク
南雲吉則のデトックス鍋

南雲吉則おすすめ免疫力アップ食材

南雲吉則先生によれば、シイタケは免疫力アップ食材。シイタケに含まれている不溶性食物繊維は、腸の中の善玉菌のエサになってくれます。また、βグルカンがNK細胞を活性化。腸の中の免疫を活発にすることで、腸を若返られてくれます。

日本の伝統食材である味噌も免疫力アップ食材です。味噌では乳酸菌が生きており、それを腸の中に入れることによって腸の中の免疫も刺激。さらに発酵食品である味噌には生きた乳酸菌が入っています。それが善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えてくれるのです。

そしてハチミツも、じつは腸をきれいにして免疫力アップする食材です。ハチミツに含まれているグルコン酸は、腸内環境を整える善玉菌のエサになってくれます。これが免疫力アップにつながる理由です。

南雲吉則が考案したデトックス鍋

南雲吉則先生が考案したデトックス鍋は、とれたてのシイタケに加えて、シメジ・えのきだけ・まいたけ・エリンギ・なめこ・タモギタケ・キクラゲの7種類のキノコを使用。どれも食物繊維がたっぷりです。加えて、極上の米味噌、とれたて新鮮なハチミツに加えて、5年熟成のタネ味噌も使用します。

デトックス鍋の作り方は、水2カップと味噌大さじ2杯を鍋に入れ、そこにコチジャン小さじ2杯を投入。ハチミツを適量、ごま油を大さじ1杯加えて、混ぜ合わせればソースのでき上がりです。さきがきごぼう1本分を鍋底に敷くように入れたら、その上にキノコ各種を無造作に並べてください。

そのままフタをして、沸騰してから10分ほど煮込みます。一見ソースが少ないようですが、鍋を開けるとキノコの水分が出てよく煮込まれた状態。ここにタネ味噌を隠し味に投入すれば完成です。

これで南雲吉則先生考案のデトックス鍋が完成しました。食物繊維たっぷりのキノコ、そして発酵食品の味噌、整腸作用のハチミツも入って、腸をきれいにして免疫力を高めてくれます。

■『主治医が見つかる診療所』
【免疫力アップ&老化防止】

産後うつの症状が腸を治すことで改善した事例
うつ治療には「腸の健康」が重要なカギだった
腸が健康になると「うつ病が治る」メカニズム
水太りする原因は腸内細菌が肥満型だから!?
腸内細菌を元気にする特製ヨーグルトセーキ
腸腰筋の筋トレで腸が元気になるメカニズム
免疫力を高めるアレンジ湯豆腐の簡単レシピ
フィトンチッドで免疫力がアップするメカニズム

■「免疫力」おすすめ記事
免疫力を上げる「腹式呼吸」のトレーニング
免疫力が上がるヒートショックプロテイン入浴法とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事