ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

代謝を上げる「ひねるトレーニング」とは?

1日5分で代謝を上げる「ひねるトレーニング」を紹介しましょう。メニューは「姿勢をよくする体操」「ウエストシェイプ体操」「ヒップアップ体操」の3つ。そのやり方を詳しく見ていきましょう。『主治医が見つかる診療所』の「代謝UPスペシャル決定版」で紹介されていました。



スポンサーリンク
代謝を上げる「ひねるトレーニング」

代謝を上げると同時に姿勢をよくする

トレーニングにひねる動きを取り入れるだけで、カロリーは多く消費されます。それだけでなく、筋肉も効率よく鍛えられるのです。そこで、誰でも簡単にできる「ひねるトレーニング」を紹介しましょう。

「ひねるトレーニング」のメニューは3つ。プロスポーツトレーナーの松井薫さんが考案したものです。1日5分ほどのトレーニングで代謝を上げることができます。

1つめは「姿勢をよくする体操」です。まっすぐ立ったら、ひじを曲げて手のひらを下に向けておきます。この姿勢から手の平を横に広げていくのです。このとき、手の平をひねりながら上に向けるのがポイントです。

背中の筋肉を縮めていく感じで広げていきます。肩甲骨でクルミを挟んで割るイメージです。この動きを15回行います。代謝を上げると同時に姿勢をよくする効果があります。

代謝を上げながらウエストをシェイプ

2つめは「ウエストシェイプ体操」です。まっすぐ立った状態で右足だけつま先立ちにします。ここから腰に右手を当てて、上半身を右足の方向へひねるのです。

ポイントは、わき腹に缶を挟みそれをつぶすというイメージ。右腰を上げるようにすると力が入りやすいでしょう。この動きを左右それぞれ15回ずつ。代謝を上げることに加えて、ウエストのシェイプ効果が期待できます。

3つめは「ヒップアップ体操」です。足を肩幅くらいに開いて立ったら、かかとを内側に入れるようにしてつま先立ちするのです。お尻に挟んだ割り箸を割るイメージです。この体操も15回行います。

この「ひねるトレーニング」は、3つすべてを行ってもわずか5分。誰でも気軽に始められる代謝を上げる方法なのです。

■主治医が見つかる診療所
【代謝UPスペシャル決定版】

中年太りを解消できる「ひねる」動きとは?
代謝を上げる「ひねる動き」で腰痛が改善した
代謝アップを無理なく生活に組み込む5つの方法
汗が臭いのは「悪い汗」をかいている証拠だった
汗腺トレーニング「いい汗」かく3ステップ
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
よく噛む効果でヘビースモーカーが禁煙に成功
お腹いっぱい食べてもよく噛むなら太らない
食べて痩せるラム肉を使った代謝アップ料理

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事