ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

心停止は知らないうちに9割の人におきている

脈とびで心臓が一時停止することで、物忘れがおきることがわかってきました。この脈とびは、どれくらいの頻度でおこるものなのでしょうか? なんと知らないうちに9割の人に心停止はおきているのです。『ためしてガッテン』の「物忘れの原因が心臓」で紹介されていました。



スポンサーリンク
心停止は9割の人におきている

脈とびにより心停止がおこる

1か月前に、脈とびがあると診断された72歳の女性。1年ごとに忘れることが多くなる感じで、最近は書かないと覚えておけないほどです。買い物の予定からちょっとした外出の予定まで、書き留めるためのノートを手放せません。

実際に脈拍を測定すると、たしかに脈がとんでいる瞬間を発見。一日じゅう計測してみると、脈とびの回数は536回にも及びました。その数だけ心停止しているということです。

同じく、脈とびをすると診断された84歳の男性。しかし見ためは問題なさそうで、本人も同年代の人より健康と豪語します。実際に脈を計測してみると、、1日の脈とびの合計回数は4,052回でした。しかし、趣味は登山というほど、日々を健康に過ごしているようです。

9割の人に心停止がおこっている

2人を比較してわかるとおり、問題なのは脈とびの数ではありません。じつは脈とびには「安全な脈とび」と「危険な脈とび」があるのです。けっして回数が少ないほうが安全というわけではありません。

実際に街頭で、脈とびがあるかどうかの測定を行いました。1人あたり2分間の測定を行って、心臓が一時停止して脈波が抜け落ちるかを調べます。

すると、2日間で調査した49人のうち25人に脈とびが見つかったのです。じつは、知らないうちに脈とびをする人は圧倒的に多いのだとか。じつに、9割の人に心停止がおこっているのです。

■『ためしてガッテン』
【物忘れの原因が心臓病】

脈が飛ぶ…でも危険タイプと安全タイプがある
徐脈性不整脈の症状の見分け方は脈が止まる時間
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減
徐脈性不整脈の症状はペースメーカーで治療
物忘れの原因が脈とびによる心臓の一時停止!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事