ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ヘルペスに感染させて鼻のがん細胞を殺す!?

東京大学医科学研究所は、鼻にできたがんをウイルスを使って治療する臨床研究を始めました。がん細胞を「ヘルペスウイルス」と呼ぶウイルスに感染させて殺すというものです。



スポンサーリンク
nose

ウイルスはがん細胞だけを破壊するように改良しており、副作用などはほとんどありません。治療によって、がん細胞に対する免疫ができ、ほかの場所にあるがん細胞も殺す効果が期待できます。

治療に使うのは、がん治療用に開発したヘルペスウイルスの一種「G47デルタ」。鼻の奥にできる「嗅神経芽細胞腫」と呼ばれるがんの一種に有効といいます。この病気は現在は再発すると有効な治療法がありません。

G47デルタウイルスを使ったがん治療の臨床研究は「前立腺がん」や「悪性脳腫瘍」などでも始まっています。いまのところ、患者に重大な副作用がおきたとの報告はなく、安全性は高いといいます。このウイルスを使う治療は、がん細胞に対する免疫ができるため、患部以外に発生したがん細胞を殺す効果も期待されています。

■「鼻」おすすめ記事
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鼻毛を抜くのは危険!化膿して死亡する例も
鼻づまり解消は自律神経を10秒刺激するだけ!

■「鼻呼吸」おすすめ記事
「鼻呼吸」にしただけでアトピーが大改善!
鼻呼吸に変えるだけ!驚きのリウマチ治療とは
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由

■「がん」おすすめ記事
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事