ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インフルエンザが解熱剤で治ることもある!?

インフルエンザに風邪薬として使われている解熱剤は効果はあるのでしょうか? 答えはインフルエンザウイルスには効果はありませんが、熱を下げるなどのつらい症状をやわらげる効果はあります。しかし、インフルエンザかも…と思ったら病院で診察を受けるべきです。



スポンサーリンク
インフルエンザが解熱剤で治る

インフルエンザを解熱剤で治す問題点

インフルエンザを解熱剤で治してしまうことには大きな問題点があります。というのも、たまたま飲んだ解熱剤が効いてしまうと、インフルエンザにかかっているにもかかわらず、楽になったからと外出してしまうことに…。

結果的に、周囲にインフルエンザウイルスを撒き散らすことになってしまいます。これがインフルエンザを解熱剤で直してしまう落とし穴。だからこそ、インフルエンザは専用の治療薬を飲むことが重要なのです。

ただし、インフルエンザ治療薬にも注意点があります。インフルエンザ薬はウイルスの増殖を抑えてくれますが、ウイルスそのものを殺すことはできません。

インフルエンザ治療薬は48時間以内

このため、ウイルスがすでに増えすぎた状態で飲んでも意味がありません。発病してから48時間以内に飲むのが基本なのです。発病の目安は熱が出たタイミングと思ってください。それ以上になると一気に増えてしまって、インフルエンザ薬では抑えきれません。

インフルエンザは火事に例えられることもあります。出火して間もなければ消火できますが、すでに火が回ってしまうといくら水をまいても効果がありません。

火事と同様に驚異的なスピードで増殖するインフルエンザウイルスは、発病後48時間を経過すると、ウイルスが増えすぎて増殖を抑えられないのです。


スポンサーリンク

インフルエンザで仕事に復帰する時期

ところで、インフルエンザにかかると気になるのが、何日経過すれば仕事に復帰してよいのかということ。学校保険法で決まっていることとしては、発病後5日、解熱後2日をクリアしたあと…ということです。

発病日はゼロ日と数えますから、最低5日は休まなければなりません。発病してすぐに解熱したとしても、5日間は休まなければならないのです。

とはいえ、5日間経過してもウイルスを出している可能性もあります。なかには、そういう人も実際に存在しています。だからこそ、仕事に復帰したからといっても、せきのエチケットはしっかり守らなければなりません。

■「インフルエンザ解熱」おすすめ記事
インフルエンザでも熱が出ない人が増えている
インフルエンザに解熱剤を使うのは大間違い
インフルエンザの熱は38度台から解熱は不要

■「インフルエンザ」おすすめ記事
すぐ実践!インフルエンザの予防テクニック
インフルエンザ予防「着替え」も重要だった
インフルエンザを劇的に予防「あいうべ」とは?
インフルエンザは食事を控えるのが正解だった
自宅で診断!風邪とインフルエンザの違い
高齢者にインフルエンザワクチンは意味ナシ
インフルエンザの発症原因が「かくれ便秘」!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事