ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

仙腸関節が正常か判別&矯正して腰痛を解消

腰痛の原因は椎間板や腰椎にあるのではなありません。じつは上半身と下半身をつなぐ仙腸関節の機能障害に原因があるのです。そこで、仙腸関節の可動域が正常かを判別する方法と、ゆがんだ仙腸関節を正常な状態に矯正する方法をセットで紹介しましょう。



スポンサーリンク
仙腸関節の判別&矯正

仙腸関節の可動域を判別する方法

まずは、仙腸関節の可動域が正常かどうかを判別する方法です。仙腸関節の伸展と屈曲を調べます。

仙腸関節の伸展は、両足を伸ばしたうつ伏せの状態で行います。ひざを伸ばしたまま、左右の足とも15度まで上げられるかどうかをチェックするのです。

一方の屈曲は、両足を伸ばした仰向けの状態で行います。片膝を曲げて胸に近づけたときに、足を125度まで引き付けられるかをチェックするのです。

仙腸関節の可動域は、とくに左右差がある場合が危険。仙腸関節の機能障害によって、筋肉がアンバランスに付いてしまっている可能性があります。

仙腸関節の位置

仙腸関節を正常に矯正する方法

そして、仙腸関節を正常な状態に矯正する方法です。骨盤のゆがみを解消する「骨盤ベルト」や、巻くだけダイエットで使われた「ゴムバンド」を使います。

まずはベルトやバンドを腰に巻いてください。こうすると、一時的に仙腸関節のまわりの筋肉をゆるませることができるのです。この状態で日常動作を行うことで、仙腸関節を正常な状態に矯正できます。

日中に巻くなら、姿勢よく歩いたり背筋を伸ばしてイスに座るなど、正しい姿勢を心がけましょう。昼間に巻くことができない人は、寝る前に腰に巻いた状態でラジオ体操を行うとよいでしょう。腰痛が驚くほど簡単に改善されるはずです。

■「仙腸関節」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
仙腸関節の動きを手で確認する方法とは?
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
AKA博田法は腰痛患者の9割を治す実績を持つ

■「腰痛」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
注射も効かない腰痛は「一本の糸」が元凶!?
腰痛の新原因「股関節の異常」2つの原因
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事