ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ほくろは癌になる?ならない?本当はどっち?

ほくろがじつは「腫瘍」だったって知ってました? 腫瘍ということは、何かのきっかけで悪性の癌になりそうな気もします。はたして、ほくろは癌になるものなのでしょうか…。ほくろと癌の仕組みとその違いを詳しく見ていくとこにしましょう。



スポンサーリンク
ほくろは癌になる?ならない?

ほくろが癌はまったくの別物

じつのところ、ほくろと癌はまったくの別物。ほくろが癌に変わることはほとんどないと考えて大丈夫です。

しかし、つい最近まで医学界でも、ほくろは癌になると考えられてきました。なぜなら、ほくろはそもそも「腫瘍」だからです。良性の腫瘍であるほくろが、悪性の癌に変化すると考えられていました。

それでは、ほくろと癌の違いを見ていきましょう。皮膚を断面で見てみると、皮膚の中には点々と「母斑細胞」が存在しています。母斑細胞が増殖してできてしまった良性の腫瘍がほくろです。

ほくろが癌に変わることはない

ただし、母斑細胞が増殖するかの理由はまだわかっていません。わかっていることは、とくに害もなさないということ。母斑細胞はとくに役に立つこともありませんが、害を及ぼすこともないのです。

一方の癌の原因となるのは「メラノサイト」。皮膚の中にある、メラニン色素を作る細胞です。日焼けなどから肌を守るために日々活発に活動していますが、ときどき現れるエラーがあります。そして、ひとたびエラーをおこすと、急激に増殖して凶悪な癌になってしまうのです。

このように、ほくろと癌はそもそもの成り立ちが違っています。このため、ほくろがメラノーマなどの癌に変わることはほとんどないわけです。

■「ほくろと癌」おすすめ記事
「皮膚がん」と「ほくろ」の見分け方とは?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
悪性黒色腫のステージよる治療法の違いとは?
悪性黒色腫に画期的な新薬が登場していた!

■「ほくろ」おすすめ記事
ほくろ毛を抜いてはいけない理由と大仏の関係

■「癌」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鳥越俊太郎「直腸がん」を見つけたきっかけ
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事