ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ほくろ毛を抜いてはいけない理由と大仏の関係

「ほくろ毛」とは文字どおり、ほくろから生えてくる毛のこと。気がつくと縮れ毛が伸びていた経験があるのでは? このほくろ毛、抜いてはいけないとよくいわれるもの。じつは、ほくろ毛を抜いてはいけない理由は大仏の額のほくろのようなものと意外な関係があったのです。



スポンサーリンク
ほくろ毛と大仏の関係

ほくろ毛と大仏の意外な関係

大仏の額の真ん中にほくろのようなものが付いているのを見たことはありませんか? じつはあれ「毛」なのです。正式名称は「白毫(びゃくごう)」といいます。

白毫は、眉間の白い毛から光を放って、いろいろな人たちを照らして人々をお救いするもの。額のほくろのようなものは、白い毛が渦を巻いているのを表現していたのです。通常サイズの仏像では気づきにくいですが、大仏サイズで見てみると、たしかに渦を巻いているのを確認できます。

この白毫はほくろから生えていませんが、体から生える長い毛という点はほくろ毛と変わりません。こうして、ほくろ毛も仏さまの白毫と同じありがたいものと考えられるようになりました。これがほくろ毛を抜いていけない理由と大仏の意外な関係です。

ほくろ毛を抜いてもがん化しない

それでは実際のところ、ほくろ毛が伸びたらどう対応すればよいのでしょう? ほくろ毛を抜くとがんになる…とまでいう人もいるほどです。

小さなほくろなら、多少の刺激でがん化することはありません。ほくろ毛は毛抜きで抜いても問題ないのです。そもそもほくろと皮膚がんは成り立ちが違うため、メラノーマなどになることはありません。

むしろ、ほくろ毛があること自体、ほくろが皮膚がんでない証拠。がん細胞の場合は、付近の細胞を破壊しながら増殖するため、毛が生えなくなってしまうからです。


スポンサーリンク

ほくろ毛が通常より長くなる理由

実際、ほくろ毛は通常より長くなることはほとんど。皮膚の断面を見ると、ほくろ毛と通常の毛を比べると、ほくろ毛のほうが太く深く根付いています。

これはほくろは細胞の活動が活発で、ほくろ毛の毛細血管が発達しやすいことが理由。毛根に栄養がよく行くので、太く長く育つのです。

このように、ほくろ毛が通常より長いのは健康な細胞が活発に活動している結果。ほくろ毛を迷信深く伸ばすのもよし、きれいさっぱり切ってしまうのもよし。切っても切らなくても、そのほくろには何も影響は与えません。

■「ほくろ」おすすめ記事
ほくろは癌になる?ならない?本当はどっち?
「皮膚がん」と「ほくろ」の見分け方とは?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?

■「皮膚の病気」おすすめ記事
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?

■「毛」おすすめ記事
鼻毛を抜くのは危険!化膿して死亡する例も

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事