ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インフルエンザを劇的に予防「あいうべ」とは?

ある小学校で口の体操「あいうべ」の講座を行ったところ、インフルエンザを劇的に予防できたとか。「あいうべ」は舌や口のまわりの筋肉を鍛える体操。口を閉じた状態を保てるようになって、鼻呼吸できるようになります。口呼吸の改善が劇的にインフルエンザを予防するのです。



スポンサーリンク
インフルエンザを劇的に予防

鼻呼吸だけでインフルエンザ予防

鼻呼吸では、鼻の粘膜に生えている鼻毛とリンパ組織が、空気中のウイルスやゴミをきれいにろ過してくれます。また、鼻から吸い込まれた空気は鼻の中を通ることで、加湿され温かくなって肺へと送られるのです。

インフルエンザウイルスなどの病原菌は、湿度に弱いという性質があります。通常は50%くらいの湿度があれば徐々に死滅するものです。

つまり鼻呼吸をしているだけで、そのフィルター機能と加湿機能によって、ウイルスの体内への侵入を防御。インフルエンザや風邪に感染しにくくなる予防ができるのです。

ところが口呼吸では、空気は口の中の水分を奪い取りながら体内に入っていきます。これではウイルスが死滅せず、体内に侵入しやすい状態です。

インフルエンザ予防に「あいうべ」

そして、多くの人が食べ物をあまりかまなくなった影響などで、口のまわりの筋肉が低下。口を開けたまま呼吸をする口呼吸が増えているのです。しかも、それは小学生などの若者だけでなく、高齢者にも増えています。

そして、口呼吸を鼻呼吸に変える体操が「あいうべ」なのです。やり方は、下記のとおり。4つの動作を繰り返すだけです。

【インフルエンザ予防法】

  1. 「あー」と口を大きく開く
  2. 「いー」と大きく横に広げる
  3. 「うー」と口を強く突き出す
  4. 「べー」と舌を突き出す

ポイントは大げさなくらい口を大きく動かすこと。そして、1回を5秒かけてゆっくり行うことです。1日30回を目安に毎日やるのがオススメ。超えは出しても出さなくてもかまいません。

■「インフルエンザ予防」おすすめ記事
すぐ実践!インフルエンザの予防テクニック
高齢者にインフルエンザワクチンは意味ナシ

■「インフルエンザ」おすすめ記事
インフルエンザでも熱が出ない人が増えている
インフルエンザに解熱剤を使うのは大間違い
自宅で診断!風邪とインフルエンザの違い
インフルエンザは食事を控えるのが正解だった
インフルエンザの熱は38度台から解熱は不要

■「微熱」おすすめ記事
原因不明の微熱が続くのは「心因性発熱」かも
ストレスで微熱!?心因性発熱の症状と治療法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事