ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

高血圧でなくてもおきる新型の脳卒中とは?

脳の血管が詰まったり破れたりする「脳卒中」。その最大のリスクといえば「高血圧」でした。しかし、血圧がパーフェクトにコントロールされていても、脳卒中のリスクが6倍にもなってしまうことがあるとか。じつは、血圧が高くなくてもおきてしまう、新型の「脳卒中」があることがわかったのです。この新型の脳卒中の謎に迫りましょう。まずは、その実例を見てみます。



スポンサーリンク
高血圧でなくてもおきる新型の脳卒中とは?

高血圧でなくても脳梗塞を発症した

2012年、ある女性(74歳)が謎の脳梗塞を患いました。ある朝、起きてまもなくトイレのドアがゆがんで見えたのです。そのまま様子を見ていたら、足元がふらつき転倒。病院に運ばれた女性は、治療を受けて一命は取り留めました。

しかし、この脳梗塞には大きな謎があります。この女性はふだんから人一倍、脳梗塞には注意を払ってきました。それは、自身の母親を脳梗塞で失っていたからです。高血圧にならないように、ふだんの生活も味噌汁は飲まないですし、漬け物も食べないようにして減塩もがんばってたのです。

「脳の中」にも謎がありました。病院に運び込まれたときのスキャン画像を見てみると、たしかに脳梗塞が白く映っています。しかし、ほかの箇所にも、知らないうちに小さな脳梗塞がおこっていました。女性が倒れる前からできていた出血や梗塞が14か所もあったのです。

■「高血圧」おすすめ記事
血圧が高い人の「やってはいけないことリスト」
更年期高血圧を放置する本格的な高血圧症に!!
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!

■「血圧」おすすめ記事
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯
その場で血圧を下げる「合谷+腹式呼吸」とは
血圧を下げる方法「減塩水クッキング」が効く
1日10分「ふくらはぎ健康法」で血圧を下げる!!
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
血圧の変動幅を抑えるためのポイントとは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事