ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

COPDの症状を改善する「口すぼめ呼吸」

いま世界中で急増しているのが「COPD」。慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、慢性気管支炎や肺気腫で慢性的に気道が閉塞して、肺への空気の流れが悪くなる病気の総称です。別名、タバコ病ともいわれています。そんなCOPDの症状が改善できる「口すぼめ呼吸」を紹介しましょう。



スポンサーリンク
COPDの症状を改善する「口すぼめ呼吸」

COPDのおもな症状

喫煙によって肺におこる炎症は、肺で酸素と二酸化炭素の受け渡しを行っている肺胞を破壊します。肺胞は一度壊れてしまうと、再生できません。こうして長年の喫煙で肺胞がどんどんつぶれると、肺の機能が低下。慢性的に気道が閉塞して、肺への空気の流れが悪くなるのです

そして、COPDのもっとも代表的な症状は息切れ。階段の上り下りなど体を動かしたときに息切れを感じたり、風邪でもないのにせきやたんが続くのも、COPDのおもな症状です。

ただし、肺は症状が悪化しない限り、なかなか自覚症状が現れません。COPDは症状の現れ方がゆっくりしているため、早期発見が難しいのです。実際、症状がかなり重くなってから受診されることがほとんどです。階段で息切れして電車に乗り遅れることがあったら、COPDを疑ったほうがよいでしょう。

COPDに効果的な呼吸法

そんなCOPDに効果的な呼吸法が「口すぼめ呼吸」です。口すぼめ呼吸は8カウントを数えながら行います。

まず「1・2・3」で鼻から息を吸ってください。そして「4・5・6・7・8」で、口をすぼめながら息を吐ききるのです。口は突き出すのではなく、フルートを吹くように口を軽く閉じるようにしましょう。

口をすぼめると息を吐き出しにくくなります。すると、ふだんの呼吸では吐き切れない肺の奥のよどんだ空気を吐き出す効果があるのです。吸うときには大きく胸を開くようにすると、より効果がアップします。

■「COPD」おすすめ記事
肺気腫治療に光明!発症メカニズムが明らかに
縦隔気腫(じゅうかくきしゅ)は自然治癒が基本

■「肺」おすすめ記事
逆流性食道炎ならぬ逆流性肺炎の症状とは?
65歳以上の死亡原因の多くは「誤嚥性肺炎」
周富徳も死去した「誤えん性肺炎」の危険性
伍代夏子が九死に一生を得た間質性肺炎とは?
原因不明「間質性肺炎」を咳で見分ける方法
hitomiが「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越し
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事