ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

その場で血圧を下げる「合谷+腹式呼吸」とは

ただ押すだけで血圧が下がるツボ「合谷」に腹式呼吸を加えると、劇的に血圧を下げることができます。これを毎日の習慣にすれば、高血圧を改善することも可能です。さっそくその「合谷+腹式呼吸」のやり方と血圧を下げるメカニズムを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
その場で血圧を下げる「合谷+腹式呼吸」とは

「合谷+腹式呼吸」のやり方

「合谷+腹式呼吸」のやり方は、まず合谷を3分間指圧したあとに、腹式呼吸を3分間行うというものです。この組み合わせが血圧効果作用をより強めてくれます。

合谷は親指と人差し指の骨の付け根にあるツボです。左手の合谷なら右手の親指と人差し指で挟みます。そして、痛みを感じるくらいの強さで3分間指圧。反対側の手も同じように3分間指圧します。

そのあとに行うのが腹式呼吸。鼻から吸って口から吐く呼吸を、ゆっくり行います。とくにゆっくり吐くことを意識してください。吸うときにはお腹をふくらませ、吐くときにはへこませます。これを3分間繰り返してください。

合谷は人差し指の骨の付け根にある

「合谷+腹式呼吸」の効果とは

血圧を調整しているのは自律神経です。自律神経は興奮しているときに優位に働く交感神経と、リラックスしているときに優位に働く副交感神経に分けられます。

合谷を指圧すると、その緊張でいったん血圧が上昇。このとき交感神経が優位に働きます。そして体がポカポカして血行がよくなると、抹消血管の拡張が促進。血圧を下げるのです。

そして指圧のあとに腹式呼吸を行うと、今度はリラックスして副交感神経が優位に働くことに…。これだけで血圧を下げる効果が期待できます。さらに、ゆっくりとした呼吸によって心臓へ戻る血流量が減少。心臓から出る血液量も減るため、結果的に血圧を下げるのです。

■「血圧を下げる」おすすめ記事
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯
血圧を下げる方法「減塩水クッキング」が効く
1日10分「ふくらはぎ健康法」で血圧を下げる!!

■「高血圧」おすすめ記事
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?
血圧が高い人の「やってはいけないことリスト」
更年期高血圧を放置する本格的な高血圧症に!!

■「血圧」おすすめ記事
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
血圧の変動幅を抑えるためのポイントとは?

■「腹式呼吸」おすすめ記事
免疫力を上げる「腹式呼吸」のトレーニング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事