ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

椎間板ヘルニアの原因は「正しい姿勢」で排除する

「椎間板ヘルニア」の患者数は15万人以上といわれています。背骨のクッションの役割を果たす椎間板が変形して、神経を圧迫するのがその原因です。この椎間板ヘルニアの原因は椎間板への負荷。なるべく負荷をかけないためには、ふだんからの「正しい姿勢」が大切なのです。8月17日放送『駆け込みドクター!』の「おさらば腰痛SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
椎間板ヘルニアの原因は「正しい姿勢」で排除する

椎間板ヘルニアは20歳から始まる!?

そもそも椎間板とは、背骨を構成する椎骨の間にある繊維状の軟骨です。椎間板は体を曲げるときなどに骨がこすれ合わないよう、衝撃を吸収してくれるクッションの役割を果たします。

この椎間板、赤ちゃんのころは水分が豊富で弾力性に富んでいます。そのため、赤ちゃんの体はとてもやわらかいのです。

しかし椎間板は年をとるにつれ、水分が失われてすり減っていきます。老化が始まるのはなんと「20歳」前後からです。

椎間板の後ろには神経が通っています。椎間板が変形してこの神経を圧迫するのが「椎間板ヘルニア」です。このため、その症状は腰の痛みのほか、足の痛みや足のしびれをおこします。

椎間板ヘルニアとは

椎間板への負荷はイスに座るだけで1.4倍

スウェーデンの整形外科医で腰痛治療の世界的権威・ナッケムソン医師は、椎間板にかかる負担を立っている姿勢と比較した研究を行いました。それによると、浅くおじぎをしただけで「1.5倍」、おじぎした状態で重さ10kgのものを持つと「2.2倍」にもなるのです。

そして、意外にもイスに座っている状態でも「1.4倍」の負担がかかります。こうして腰に負担をかけすぎると、椎間板ヘルニアの大きな原因になってしまいます。

椎間板ヘルニアは20~30代に多い病気。椎間板ヘルニアの原因を排除するには、ふだんから正しい姿勢をとることが一番といえます。それこそが最大の予防法といえるでしょう。

■8月17日放送『駆け込みドクター!』
【おさらば腰痛SP】

「脊柱管狭窄症」はこんな症状が出たら危ない!?

■「ヘルニア」おすすめ記事
頚椎ヘルニアが原因で転倒!?その判別法と改善枕の作り方
鼠径ヘルニア手術は小児外科でもっとも多い手術

■「正しい姿勢」おすすめ記事
お腹ぽっこりは正しい姿勢だけで解消できる
正しい姿勢だけでインナーマッスルは鍛えられる
姿勢矯正のための3つの体のゆがみリセット法
肩甲骨ストレッチで悪い姿勢を簡単リセット
姿勢矯正は骨盤トライアングルですぐできる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事