ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?

鼻の頭など顔にできるできものを「めんちょう」と呼びます。じつはめんちょうは「黄色ブドウ球菌」が犯人。現代の医学ではありえませんが、以前はめんちょうで死ぬことは珍しいことではなかったのです。めんちょうとニキビの見分け方から、その原因と治療法を見ていきましょう。7月30日『ためしてガッテン』の「美肌の大敵!治らないニキビの正体」で紹介されていました。



スポンサーリンク
めんちょうは放っておくと死に至る病気だった

めんちょうの犯人は黄色ブドウ球菌

めんちょうの犯人は「黄色ブドウ球菌」です。食中毒を引き起こすことでよく知られている常在菌の一種。黄色ブドウ球菌は人の皮膚や外界に広く存在している細菌です。

皮膚の小さい傷や皮膚が湿った状態が長く続くと、それが原因で黄色ブドウ球菌が毛包に感染して増殖。これを毛包炎と呼びます。毛包炎が炎症が周囲の皮膚組織に広がって大きく化膿してしまうと、おできとなるのです。

そして、このおできが顔の中心部分である鼻の頭やその周辺である眉間から口のあたりにできたものが、めんちょうです。それでは、なぜこのめんちょうで死ぬことが珍しくなかったのでしょうか?

めんちょうの原因は黄色ブドウ球菌

めんちょうは死亡率の高い病気

鼻の周辺というのは、細い血管がたくさん張り巡らされている場所。そんなところに黄色ブドウ球菌が付くと、菌が血管を通って脳の中にまで入ってしまう恐れがあります。

すると、脳炎や脳髄炎をおこすので、命を落とすことがあるのです。実際、江戸時代にはめんちょうで命を落とした人気歌舞伎役者がいたことが知られています。

じつは昭和の初期ごろまでは、めんちょうは死亡率の高い病気でした。ただし、現代では抗生物質の普及によって、めんちょうで亡くなる人はまずいません。

めんちょうは鼻周辺の血管から脳へ


スポンサーリンク

めんちょうとニキビの見分け方

とはいえ、放っておいてよいというものではありません。放っておくと大きく腫れたり色素が沈着したりする場合があります。病院でしっかり診察してもらいましょう。

めんちょうとニキビの見分け方は「小さくても痛い」ということ。小さくても化膿してるものなので、触ってみて痛みがあれば疑ってみることです。

ちなみにニキビはアクネ菌の増殖が原因。詰まりをおこしている毛穴に角質や皮脂などの老廃物が溜まり、アクネ菌が過剰に増殖したものです。こうして赤みなどの炎症を引き起こします。

めんちょうを治療するには?

めんちょうの治療としては、応急処置的に市販の化膿性皮膚疾患用のクリームを塗るとよいでしょう。市販薬としてはオロナインH軟膏がよく知られています。

めんちょうは通常、自然と膿が出て治るものです。しかし、体力が落ちているとどんどん悪化する場合があります。

目に見えるように腫れてきたら病院に行って、化膿を止める目的で抗生物質の軟膏を塗ったり、内服をしなければなりません。まれに重症化した場合には、膿を出すためにメスを使って切開することもあります。


スポンサーリンク

めんちょうを予防するには?

とはいえ、めんちょうは誰にでもできる皮膚病です。たまにできる程度であれば、あまり気にすることはないでしょう。

ただし頻繁にめんちょうができる場合には、日常生活の何らかの習慣が原因となっている可能性があります。めんちょうの原因となる細菌感染を予防するため、ふだんから常に肌を清潔を保ち、肌のバリア機能を低下させないよう注意しましょう。

ちなみに、めんちょうは漢字で書くと「面疔」です。「疔」は、汗腺や皮脂腺が化膿してできる腫れ物のこと。つまり「顔にできた腫れ物」という意味です。地方によっては「めんちょ」と呼ぶこともあります。

■「ニキビ」おすすめ記事
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった

■「シワ」おすすめ記事
シワの原因は骨の老化!1日2分の若返り運動
「首のシワ」が白のコンシーラーで消えた!

■「皮膚」おすすめ記事
皮膚に出る赤いポツポツは「糖尿病」が原因
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?

■「鼻」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鼻毛を抜くのは危険!化膿して死亡する例も

 

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事