ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ひざ痛が解消!驚きの「足のスライド運動」

「ひざ痛」の新しい改善法を編み出したのは順天堂大学の特任教授・黒沢尚さん。黒沢さんいわく「ひざの痛みをとるエッセンスが詰まった方法」とのことです。かなり強い痛みでも簡単な方法でとれるといいます。6月18日放送の『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
kneewalking (480x322)

体験者の1人である70歳の女性は「変形性ひざ関節症」。2年ほど前から左のひざが痛くて足を引きずるようにして歩いています。階段もひざを曲げないように、ゆっくり下りなければなりません。すがる思いで「足のスライド運動」を実行しはじめました。

スライド運動を始めて3週間、女性は足を引きずることなく歩いています。本人も「もっと痛かったのにやわらいでいるな~という実感がすごくある」と話します。下り階段もまったく別人のように軽やかに歩けていました。

実際に女性が行っていた、ひざ痛を解消する「足のスライド運動」のやり方は下記のとおりです。

【ひざ痛を解消する足のスライド運動】

  1. 靴下を履いてイスに浅く腰掛ける
  2. 片足ずつゆっくり足をスライドさせる
  3. 1往復あたり5秒のペースで動かす
  4. 10往復を1セットとして3セット行う

つま先やかかとは上げていても下げていてもかまいません。大切なのは、ひざをゆっくりと動かすことです。これを朝夕の2回、行うようにしましょう。痛みが出ないのであれば、1日3回やってもOKです。

なお「ひざ痛」が抑えられたら、ウォーキングなどの運動を行ってください。スライド運動はあくまで痛みをやわらげるためのもの。痛みの原因を取り除くためには、ウォーキングなどの運動によって血流をよくする必要があります。運動を続けることで、ひざ痛の根本的な原因を解消することができるのです。

■「ひざ痛」おすすめ記事
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ
膝の痛みの原因は足のスライド運動で解消する!!
ひざ痛はコリが原因「お皿のストレッチ」
ひざの痛みを解消する「壁ウォーキング」とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事