ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ

多くの人が悩んでいる「ひざの痛み」。そんな痛みが消えてしまう、簡単ストレッチを紹介しましょう。ひざ周りの筋肉を鍛えることが可能です。4月29日放送『別冊主治医が見つかる診療所』の「誰でも簡単!インナーマッスルを強くする方法」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ

ひざの痛みを解消する簡単ストレッチ

ひざは太ももの骨とひざ下の骨をつなぐ関節です。そのひざを支えているのは、じつは太ももの筋肉です。その筋肉が衰えると関節は不安定になり、軟骨がすり減り炎症をおこすため「ひざの痛み」の原因となるわけです。

そのひざの痛みを解消する簡単ストレッチ方法を紹介しましょう。筋肉をストレッチするとともに、ひざ周りの筋肉を鍛えることが可能です。

まずはイスに座って、背筋を伸ばす姿勢を意識します。骨盤が立つようにしてください。この状態で息を吸ったら、息を吐きながら片足を伸ばします。

周りの筋肉を鍛えると痛みがやわらぐ

ここでひざの後ろをしっかり伸ばして、足先を手前に引いてください。そして、この状態を5秒間キープ。これを左右5回ずつ、繰り返います。太ももの前の筋肉、とくにお皿の上の部分を意識するようにしましょう。

しっかり骨盤が立っていることが大切なので、5秒キープするごとに、いったん腰を上げて座り直して、骨盤が立っていることを確認してください。視線をまっすぐ正面にしておくと、よい姿勢を保ちやすいかもしれません。

ひざ周りの筋肉を鍛えると、ひざが支える力が強くなり安定感が増します。その結果、ひざにかかる負担が小さくなって、痛みをやわらげることができるのです。さらには、新陳代謝も高まって長期的にも痛みがおこりにくくなります。

■4月28日週放送『別冊主治医が見つかる診療所』
【誰でも簡単!インナーマッスルを強くする方法】

掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方

■5月12日放送『主治医が見つかる診療所』
【簡単にやせる!インナーマッスル強化法】
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果

■「インナーマッスル」おすすめ記事
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事