ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

指先のしびれで隠れた病気が見つかることもある

指先のしびれに悩むシニア世代は少なくありません。指先のしびれの原因は骨の変形から脳卒中までさまざま。しびれている場所に原因があるとは限らないことに留意する必要があります。また、指先のしびれから隠れた病気が見つかることもあるため、早めに受診するようにすることが大切です。



指先のしびれで隠れた病気が見つかることもある

指先のしびれの原因の1つが頸椎症

指先のしびれの原因の1つに「頸椎症」があります。加齢により、首の骨や骨と骨の間でクッションの役割をする椎間板が変形して、神経が圧迫されておこるもの。たとえば、背中を走る脊髄から分かれて腕へとつながる神経根の部分が圧迫されると、肩の痛みだけでなく手や指先にしびれが出ます。

しびれの正体は神経の働きの異常です。手足の感覚を脳に伝える神経のどこかに異常があると、感覚が麻痺したり、何も触れていないのにジンジンしたりします。

指先のしびれが出る病気としては「手根管症候群」が知られています。手首付近で、靱帯と骨で挟まれた神経の通り道である手根管が圧迫。親指から薬指のにしびれが出ます。手を使った仕事が多い人がなりやすい病気です。

指先のしびれは早めの受診が大切

ひじの内側の神経が骨などで圧迫される「肘部管症候群」でも、薬指や小指の指先にしびれが出ます。頸椎症で脊髄が圧迫される「頸椎症性脊髄症」の場合、手や腕だけでなく、下半身にもしびれや痛みが出ることがあります。

指先のしびれは感じ方や表現はさまざま。客観的な評価が難しいのが難点です。また、しびれを伴う病気は、糖尿病の合併症や神経を包むさやが壊れる多発性硬化症、筋肉を動かす神経が傷害されるギラン・バレー症候群などさまざまです。

さらに、しびれている場所やその近くに原因があるとは限りません。なかでも、左右どちらかの手や口のまわりに急に強いしびれを感じる場合、脳の視床と呼ばれる部分の脳卒中が原因として疑われます。このように、急を要する場合もあるため、指先のしびれは病院への早めの受診が大切です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事