ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

失神性立ちくらみの原因は過剰反応した迷走神経

いま働き盛りに急増しているのが「失神性立ちくらみ」です。失神性立ちくらみの年代別分布は20代から30代にかけて減少しますが、40代から50代、60代と年齢が上がるにつれて増加。しかも、心臓も悪くないし貧血があるわけでもない人におきるのです。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



失神性立ちくらみの原因は過剰反応した迷走神経

失神性立ちくらみの原因は迷走神経

まずは、なぜ失神性立ちくらみはおきるのでしょう。人間は立ったままの状態だと血液は重力によって下に流れる性質があるもの。そこで、血管を覆っている交感神経が血管を収縮させて、血液を上に戻す仕組みにになっています。

しかし、ここで何らかのストレスが加わると、迷走神経が過剰に反応するのです。迷走神経の働きは、交感神経と逆に血管を拡張させるもの。血管を拡張させてリラックスさせようとします。過剰反応した迷走神経が失神性立ちくらみの原因です。

実際、失神性立ちくらみの人と健康な人とで、足の温度を測定してみました。すると、失神性立ちくらみの人はふくらはぎから足首にかけて温度が高い状態。健康な人は足首あたりが冷えています。失神性立ちくらみの人は交感神経による血管の収縮が弱いために血液が滞留。結果的に温度が高くなっているのでした。

失神性立ちくらみの根本的な原因

失神性立ちくらみの根本的な原因はストレス。神経の乱れの原因となるストレスを取り除くことも大切です。また、失神性立ちくらみには前兆があります。頭が重い・吐き気・腹痛などの前兆があったら、その場にしゃがみ込むのが一番です。

また、両手を胸の前で人差し指から小指をカギ状にして組んで、グッと力いっぱい引き合うのも有効。交感神経を緊張させることで血圧が上昇して、頭に血液が上がって意識を失うのを防げます。

立っているときに失神性立ちくらみの前兆があったら、立っている左右の足をクロスさせて足全体に力を入れるという方法も効果的。やはり血圧が上昇して、失神性立ちくらみを防ぐことができるでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事