ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

更年期と間違いやすい甲状腺機能亢進症の症状

更年期障害の症状は200種類にもおよぶといいます。しかし、すべての症状が更年期障害と思い込んでしまうのは間違い。じつは甲状腺の異常であることに気づかないケースもあります。それが「甲状腺機能亢進症」です。更年期障害と間違いやすい、甲状腺機能亢進症の症状を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
更年期と間違いやすい甲状腺機能亢進症の症状

甲状腺機能亢進症の症状を勘違い

いわゆる更年期障害の症状といわれるものは数多くあります。たとえば、頭痛やめまい、しびれ、かゆみ、耳鳴り、憂うつ感、肩こり、湿疹など。このほか、ほてりや手足の冷え、ホットフラッシュ、ドライアイ、発汗、筋肉痛、無気力、食欲不振、吐き気、不眠、便秘、月経異常、集中力低下、下痢とさまざまです。

とはいえ、なんでも更年期障害の症状だと勘違いするのは危険。じつはその症状は「甲状腺機能亢進症」かもしれません。

甲状腺とは、体の新陳代謝を盛んにするホルモンを分泌するいわば元気の源です。のどぼとけの下にあって、蝶のような形をしています。ここでホルモンは、一定量が出続けていないと全身のさまざまなバランスが崩れてしまうのです。

甲状腺機能亢進症の症状の見分け方

甲状腺機能亢進症はホルモン量が多すぎるために、汗をかきやすくなったり、イライラしたりという症状が出ます。逆に、甲状腺機能低下症はホルモン量が少ないため、むくみや無気力状態といった症状が出るのです。

更年期障害と思われた不調の原因が、じつは甲状腺にある場合もあるのでした。実際、日本人成人の5~10%の人には甲状腺の病気があるといいます。男女比は男性1に対して女性が9、圧倒的に女性に多いのです。

甲状腺機能亢進症の症状としては、ホルモンが増えて体が活発に活動しすぎて、動悸・息切れ・イライラ・汗をかくなど。この甲状腺機能亢進症はどのように見分ければよいのでしょう?

甲状腺機能亢進症の症状の見分け方は「手をまっすぐ前方に出すこと」。甲状腺機能亢進症の場合は、手がブルブルと震えます。一方の更年期障害では、震えは出てきません。震えが出る人は、病院に相談するようにしましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事