ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

回転性のめまいを病院に行かずに自分で治す方法

めまいには「グルグル型・フワフワ型・クラクラ型」の3種類があります。このうち、グルグル型が回転性のめまいと呼ばれるもの。目の前がグルグル回るようなめまいです。めまいの半数以上は回転性といわれています。そんな回転性のめまいを病院に行かずに自分で治す方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
回転性のめまいを病院に行かずに自分で治す方法

回転性のめまいの原因は耳の奥

3種類あるめまいのうち、もっとも多く見られるのがグルグル型の回転性のめまいです。回転性のめまいの原因は、おもに耳の奥にあることがほとんどです。病院に行くなら耳鼻咽喉科になります。

このほか、フワフワ型は足が地に着かない船に乗っているような安定していない状態のめまい。フワフワ型はストレスでもおこりますが、多くは脳梗塞などが原因です。このため、病院は脳神経外科に行くことになります。

クラクラ型は立ち上がったときに目の前が暗くなるようなめまい。クラクラ型は血圧の異常や貧血などが原因でおこるため、内科に行くとよいでしょう。起立性低血圧などが原因と考えられます。

回転性のめまいを自宅で治す方法

そして、回転性のめまいの原因の半数以上は耳石のかけらです。耳の奥の内耳と呼ばれる部位にある2つの四角い石のようなものが耳石。耳石は、ちょっとした衝撃や老化で一部が欠けることがあります。

この耳石のかけらが三半規管に入ってしまうと、回転性のめまいがおきるわけです。三半規管に耳石のかけらが入ってしまうと、リンパ液の流れに波のようなものが発生。体が揺れていないにもかかわらず、揺れていると感知してしまいます。

回転性のめまいは「良性発作性頭位めまい症」という病気です。回転性のめまいを自宅で治すには、仰向けになって顔を10秒ずつ右・正面・左と動かすことで、耳石のかけらを三半規管内で徐々に砕けさせる方法が知られています。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事