ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルが下がると動脈硬化が抑制される

内臓脂肪レベルを下げる理由は動脈硬化の進行を抑えることにあります。というのも、内臓脂肪レベルが高いと動脈硬化が進んでしまうため、生活習慣病の原因となるからです。なかでも注意したいのが、見た目は普通なのに内臓脂肪レベルが高い内臓脂肪型肥満なのでした。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルが下がると動脈硬化が抑制される

内臓脂肪レベルを下げる理由とは

見た目はまったく肥満に見えず、むしろスラッとした体型なのに、じつは内臓脂肪レベルが高いという人は少なくありません。これこそが内臓脂肪型肥満。いわゆる隠れ肥満と呼ばれるタイプで、最近とくに増加傾向にあります。

この内臓脂肪型肥満は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病や、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こしてしまうのです。これらの心臓病や脳卒中を引き起こす原因は、血管が硬くもろくなる動脈硬化にあります。

そして、動脈硬化の進行に内臓脂肪が深く関わっていることがわかってきました。それが内臓脂肪が動脈硬化を促進するということ。これが、内臓脂肪レベルを下げることが推奨されている理由です。

内臓脂肪レベルと動脈硬化の関係

内臓脂肪レベルと動脈硬化の関係を見ていきましょう。内臓脂肪が増加すると、体内の悪玉である生理活性物質が増えます。すると「血圧の上昇・血液中の中性脂肪の増加・善玉コレステロールの減少・血糖値の上昇」などが引き起こされるのです。

これらの症状は、いずれも動脈硬化を促進するもの。もしくは動脈硬化の進行によって悪化するものばかりになります。すなわち内臓脂肪こそが、こうした悪循環の根源に位置しているのです。

逆にいえば、内臓脂肪レベルを下げることは動脈硬化の進行を抑えることにつながります。もっといえば、命にかかわる生活習慣病にかかるリスクを、大きく下げてくれるということ。リスクを意識して内臓脂肪レベルを下げるようにしましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事