ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

天気痛の予防に効果的な耳マッサージのやり方

天気痛は耳の中にある内耳が敏感に反応する人におきます。気圧の変化に敏感に反応した内耳は、その情報を脳へ伝達。すると脳が体を収縮させる指令を過剰に出してしまうのです。そんな天気痛の予防に効果的な耳マッサージのやり方を紹介します。『その原因、Xにあり』で紹介されていました。



スポンサーリンク
天気痛の予防に効果的な耳マッサージのやり方

天気痛が神経痛として出る場合

天気痛による頭痛は、膨張した血管を過剰に収縮させるときにおこる痛み。天気痛の肩こりや腰痛も頭痛と同じ。膨張しようとする筋肉を過剰に収縮させてしまうため、痛みを招きます。

天気痛が神経痛や関節痛として出る場合、血管が過剰な収縮からけいれんをおこし、神経に触れてしまうために痛みがおきるのです。さらに、古傷の痛みもメカニズムは神経痛と一緒。ただし、痛み自体は錯覚です。

天気痛の古傷の痛みは、過去に痛めた部分の神経が痛みが出たような錯覚をおこすもの。実際は痛くないところが、痛いという記憶を呼び戻しているのです。そんな天気痛の解決のヒントは、客室乗組員が実践しているある方法にあります。

天気痛の予防に耳マッサージ

飛行機の機内は気圧が地上より少し低い状態。これはまさに、天気痛を引き起こす状態と同じです。このとき客室乗務員が行っている気圧対処法が、手の耳で覆う「耳当て」。耳当ては、違和感があるほうの耳を手で覆います。

このほか、天気痛の予防に効果的なのが耳マッサージです。やり方はとても簡単。耳を上・下・横にそれぞれ5秒ずつ引っ張ります。次に、軽く引っ張りながら後ろに向かって5回、ゆっくり回すのです。

そのあと、耳を包むように折り曲げて5秒間キープ。最後に、耳全体を手の平で覆い、後ろの向かって5回、ゆっくり円を描くように回したら終了です。これを朝昼晩の3回、痛みの出ない程度の力で行います。

■「天気痛」おすすめ記事
天気痛は日本人の3人に1人が経験している病気
天気痛は内耳にある気圧センサーの興奮が原因
天気痛治療は酔い止めを飲むタイミングが超重要
天気痛は週間天気予報を見るだけで治療できる
足の痛みの原因は雨の日におきる天気痛だった
天気痛への対処は予兆の段階での痛み止めが効く
天気痛が引き起こされるのは敏感耳が原因だった
天気痛を改善する耳マッサージの効果を検証した

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事