ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

マラセチア毛包炎は「高温・多湿・不潔」で増殖

マラセチア毛包炎はある条件が揃うと異常繁殖するのです。「高温・多湿・不潔」という3つの悪条件が重なると増殖します。というのも、マラセチアは皮膚温度34度以上、湿度95%以上で増殖を開始するからです。『その原因、Xにあり』で紹介されていました。



スポンサーリンク
マラセチア毛包炎は「高温・多湿・不潔」で増殖

マラセチア毛包炎は重ね着で増える

こうして悪条件が重なると、マラセチア毛包炎は背中の中央から全体にかゆみを伴いながら広がってしまうのです。ちなみに、毛穴が多い部分に繁殖するのがマラセチア毛包炎は。胸元やあごにも繁殖する可能性があります。

さらに、冬にやりがちなある習慣がさらにマラセチア毛包炎を増やしてしまうのです。それが重ね着。冬の時期はいろいろ着込んでしまうもの。外ではよいものの、室内では急に温度が上がってしまい皮膚の温度を上げてしまいます。

それでは、マラセチア毛包炎を繁殖させないためにはどうすればよいのでしょう? 基本的には、背中を清潔に保つしかありません。そのためには2つ重要なことがあります。1つはお風呂で体を洗う順番です。

マラセチア毛包炎予防はすぐ汗を拭く

マラセチア毛包炎を予防するための正しい体の洗い方は、まずシャンプーやコンディショナーで髪を洗ったのちに、体を洗うこと。コンディショナーを最後に流してしまうと、流し残しで背中の毛穴が詰まる可能性があるのです。

もう1つ、マラセチア毛包炎予防で重要なのが、汗をかいたらすぐ拭くこと。実際に、同じだけ重ね着をした2人に、1人は背中にタオルを入れてもらい、スーパーに買い物に出かけてもらいました。背中にタオルを入れた人は、室内に入ったらタオルを抜き取ってもらいます。

スーパーに入って3分後、背中にタオルを使わない人は背中の湿度が100%なのに、タオルを使った人は湿度66.0%。さらに30分後に測定してみると、タオルを使わない人は相変わらず100%な一方、タオルを使って人は50.9%でした。汗をすぐ拭くことがマラセチア毛包炎予防に効果があることがよくわかります。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事