ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋肉若返りホルモンが出ずに損している人がいる

街頭アンケートで健康に関する心配事を聞いたところ、多くの人が気にかけていたのが足腰の筋力低下が引き起こす寝たきりになります。そんなときに利用したいのが、衰えた筋肉を若返らせてくれる「筋肉若返りホルモン」です。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
筋肉若返りホルモンが出ずに損している人がいる

筋肉若返りホルモンは肝臓から分泌

筋肉若返りホルモンとは、肝臓から分泌される「IGF-1(アイジーエフ・ワン)」という名前のホルモン。IGF-1は、いわゆる成長ホルモンの一種です。筋肉若返りホルモンが筋肉にくっ付くと、筋肉の成長を効果的に促進します。

そして、最近わかってきたことが筋肉若返りホルモンを上手に分泌できずに、運動しても損をしている人がいること。中高年のあいだでブームのウォーキングも、筋肉若返りホルモンをうまく出せないために筋肉がつかないことがあるのです。

まずは、どれくらいの人が筋肉若返りホルモンが出ないために筋肉がつかずに損をしているのかを検証してみましょう。調べるのは、ふだんから健康を意識して、人よりも多く体を動かしている60代の女性5人です。

筋肉若返りホルモンで損をする

どの女性も毎日3kmの散歩を欠かさなかったり、毎日午前中に2時間掃除をしたりと、たしかに体を動かしている量は多い様子でした。さっそく、太ももの筋肉量を測定すると、6人中5人は平均よりも筋肉量が少ないという結果です。

今度は筋肉若返りホルモンを測定します。すると、筋肉量が少なかった5人は筋肉若返りホルモンの分泌量も基準値以下。唯一筋肉がしっかり保たれていた女性は、筋肉若返りホルモンの分泌量が基準値を大きくクリアしていました。

このように、人よりいくら多く体を動かしていても、筋肉若返りホルモンがしっかり分泌されていないと、筋肉の増加には結び付きません。どんなに運動をしても筋肉がつかずに、損をしているのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事