ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

一生で分泌される女性ホルモンはスプーン1杯分

いま医学界ではホルモンの働きに注目が集まっています。体の中に存在する100種類以上のホルモンが、私たちの日々の健康を司っていることがわかってきたからです。しかも、一生で分泌される女性ホルモンはわずかスプーン1杯分しかありません。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
一生で分泌される女性ホルモンはスプーン1杯分

女性ホルモンは人生の節目で重要

ホルモンとは、体内のさまざまな臓器が作り出している物質のこと。このホルモンが正常に分泌されることで体の調子が整えられ、私たちは健康な生活を送ることができているのです。

わかっているだけでも、体の中には100種類以上のホルモンが存在。それらが日々の健康を司っています。専門医は「ホルモンを制する者は健康を制する」とまで断言するほどです。

よく聞くホルモンといえば、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンでしょう。月経や妊娠、更年期など女性なら誰でも経験する人生の節目で、重要な役割を果たすホルモンです。

女性ホルモンの量はスプーン1杯

じつは、一生で分泌される女性ホルモンの量はスプーン1杯分。女性ホルモンの分泌量で女性の体調が大きく変わるのはご存じのとおり。たったこれだけのホルモンが、女性の一生の健康をコントロールしているわけです。

もちろん、女性ホルモンだけではありません。ほかにも、運動するときに血圧を上げるアドレナリンもホルモンの一種です。アドレナリンは脂肪を燃焼させる効果があることも分かっています。

さらに、寝るときに快眠にいざなってくれるメラトニンという快眠ホルモンや、うきうきと楽しい気分をもたらしてくれる快楽ホルモンであるドーパミンなど、いま医学界ではこのホルモンに熱視線が送られているのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事