ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドライマウス予防に口笛を吹いて口輪筋を鍛える

年齢とともに唾液が出にくくなる病気であるドライマウスにかかる人がいま、急速に増えています。ドライマウスの原因の1つに、噛む回数が減るなど噛む力が弱くなっていることが挙げられます。そこで、ドライマウスの予防法を紹介します。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ドライマウス予防に口笛を吹いて口輪筋を鍛える

ドライマウス予防の食材がチーズ

ドライマウスは唾液をじっくりとたっぷり出すことが大切。そのためには、じつはうま味成分が重要になります。カツオ節やだし汁にはイノシン酸が入っているため、唾液が出やすくなるのです。椎茸などのグアニル酸も効果的でしょう。

梅干しなどを食べると唾液がドパーッと出ますが、すぐになくなってしまいます。しかし、うま味成分の場合には、じわじわとゆっくりと出てくるため、口の中を潤すのにちょうどよいのです。

とくにチーズにはうま味成分のグルタミンが入っているため、唾液がよく出てきます。ドライマウス予防に非常によい食材なのです。しかも、チーズは口の中を弱アルカリ性にする働きがあり、歯の再石灰化も促す効果があります。

ドライマウス予防に口笛を吹く

このほか、ドライマウス予防に口笛が効果的です。口笛を拭くと口をすぼめたりと動きが出ます。唾液腺の周囲の筋肉を動かすことにつながるのです。これが唾液の分泌を促します。

また、口輪筋が弱いと口が開いたままになりがち。これが口呼吸の原因となってドライマウスを引き起こすこともあります。口笛を吹くことで口輪筋を鍛えておけば、ドライマウス予防になるわけです。

口笛が苦手な人は、口をすぼめて前に突き出すだけでもドライマウス予防の効果があります。口の中を清潔にすることは健康長寿につながるもの。ドライマウスを予防することは、長生きにつながるのです。

■「ドライマウス」おすすめ記事
高齢者の新型ドライマウスとは – ためしてガッテン
誤嚥性肺炎の原因!新型ドライマウスとは?
高齢者の「ドライマウス」防止トレーニング
臭い玉の原因「ドライマウス」かをチェックする

■「口輪筋」おすすめ記事
鼻呼吸に戻したいなら口輪筋をトレーニングする

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事