ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

片方だけ鼻づまりが出るネイザルサイクルとは?

片方だけの鼻づまりが、急にすっきり通ることはありませんか? それはネイザルサイクルかもしれません。じつは、ふだんの生活の中で、片方だけの鼻づまりは誰にも毎日おこっているもの。片方だけの鼻づまりはなくてはならないものなのです。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
片方だけ鼻づまりが出るネイザルサイクルとは?

片方だけの鼻づまりは誰でもおこる

鼻づまりは息苦しくて厄介なもの。しかし、じつは鼻つまりはなくてはならないものなのです。もともと人間の鼻は、つまるのも仕事。誰でも毎日、片方だけの鼻づまりがおこっているものなのです。

実際に、鼻息測定装置を使った実験を見てみましょう。鼻息測定装置は、板チョコ大の板。鼻の下に当てると、板の曇りで鼻のつまり具合がわかります。25歳の健康自慢の男性が実験台です。

本人はいわく、鼻呼吸なのでふだんからつまっていることはないと豪語します。朝イチから鼻息を測定してみると、鼻の通りは絶好調の様子。仕事中に測定しても問題ありません。帰宅時まで鼻息はしっかり出ていました。

片方の鼻づまりはネイザルサイクル

しかし、実際に鼻の通り具合を観察してみると、よく通っているときと少し通りが悪くなっていることがわかります。じつは、片方だけの鼻づまりは誰でもふだんからおきているのでした。

鼻づまりは鼻甲介という鼻の中のヒダによっておきています。鼻甲介は、外からの空気を肺が呼吸しやすい温度と湿度に調整するのが働き。そして、ときどき腫れることで空気の通りを減らして、休憩しているのです。

ただし、左右の鼻甲介が同時に休むことはありません。左右交互で腫れることで、交代で休憩をしています。これは医学用語で「ネイザルサイクル」。ネイザルサイクルによる片方だけの鼻づまりはなくてはならないものなのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事