ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

鼻づまりの原因を500mlペットボトルで解消する

鼻づまりは厄介なものですが、そもそも原因は何なのでしょう? じつは、鼻づまりの原因は鼻甲介というヒダ。鼻甲介が腫れることによって鼻づまりをおこすのです。そんな鼻づまりの原因を500mlペットボトルで解消する方法を紹介しましょう。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
鼻づまりの原因を500mlペットボトルで解消する

鼻づまりの原因は鼻甲介の腫れ

たしかに鼻づまりだからといっていくら鼻水をかんでも、治ったりすることはありません。いくら鼻水を出しても鼻の中の鼻甲介の腫れがある限りは、鼻づまりの原因は解消しないのです。

氷点下に冷えた冷凍庫に鼻クリップをして入ってみると、鼻甲介の働きを実感することができます。口の中が冷たくなってしまって、満足に呼吸ができない状態になるのです。

鼻甲介は鼻の入り口から2㎝くらいのところから鼻の奥に向かって伸びている3本ある細長いヒダ。左右の鼻の穴の両方にあります。鼻甲介は空気の通り道を形作って、肺が呼吸しやすい温度と湿度に空気を整えているのです。

鼻づまりの原因を1~2分解消

鼻甲介は空気と接する面積を増やす構造になっていて、張り巡らされた毛細血管で空気を温めるのです。また、鼻水を出して空気に湿度も与えます。そして、なんらかの理由で毛細血管が拡大することで鼻甲介が腫れるのです。

そして、この鼻甲介の腫れを引かせるのが、ペットボトルで鼻づまりの原因を解消する方法。それは、詰まっている鼻とは逆のわきの下に、ペットボトルをおよそ20秒はさむだけです。

じつはわきの下には、鼻につながる神経が通っています。わきの下を圧迫すると神経に刺激が伝わって、反対側の鼻甲介の血管が縮むのです。すると、一時的に鼻づまりの原因が解消するというわけ。1~2分程度は解消するでしょう。

■「鼻づまりの原因」おすすめ記事
鼻茸(はなたけ)が原因の鼻づまりが急増中!
鼻ポリープが原因!いま新型鼻づまりが急増中
鼻づまりの原因は鼻水をかんでも解消しない件

■「鼻づまり」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鼻づまり解消は自律神経を10秒刺激するだけ!
蓄膿症=慢性副鼻腔炎!アレルギー性鼻炎も原因になる
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
鼻づまり解消は脇の下にコブシを10秒挟むだけ
鼻づまりツボ「風池(ふうち)」温めた手で押す
鼻づまりが片方だけのときに疑うべき3つの病気

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事