ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

脂肪肝の原因は肥満!でも太ってない人も要注意

肝臓に中性脂肪がたまる脂肪肝を患う人が増えています。脂肪肝はアルコールの飲み過ぎや食べ過ぎによる肥満が原因とされる病気で、症状が進むと肝硬変から肝臓がんになる恐れもあるのです。効果的な治療薬はまだなく、節酒や食べ過ぎを防ぐといった生活習慣を改善しなければなりません。



スポンサーリンク
脂肪肝の原因は肥満!でも太ってない人も要注意

脂肪肝の原因は肝臓の中性脂肪

脂肪肝というと食べ過ぎや飲み過ぎのイメージがあるため、太った人に多い病気というイメージがあります。しかし、肥満でもないのに脂肪肝になる人が少なくありません。

とくに日本人を含めたアジア人は、遺伝的な背景から脂肪を体内に溜めやすいという特性があります。実際、肥満でもないのに脂肪肝の割合が高いとする調査もあるほどです。

脂肪肝は中性脂肪が肝臓にたまることが原因。皮膚の下にたまる皮下脂肪、臓器の周囲にたまる内臓脂肪に次ぐ「第3の脂肪」と呼ばれていますアヒルなどに大量のエサを与え太らせて作るフォアグラと同じ状態です。

脂肪肝の原因はほとんどが肥満

脂肪肝の中性脂肪のうち、食事から直接溜まるのは15%程度。60%は皮下脂肪などにある中性脂肪から運ばれた脂肪酸がたまってできるものです。食べ過ぎや運動不足で皮下脂肪などに溜めきれなくなった中性脂肪が肝臓にも蓄積するのです。

脂肪肝と診断されるのは、肝臓の細胞のうち中性脂肪が30%以上溜まった状態。国内の正確な患者数は明らかになっていませんが、成人の30%に相当する3千万人以上いるという推計もあります。

そもそも脂肪肝の原因はほとんどが肥満です。日本では肥満者数は増加傾向にあるため、脂肪肝を患う人も増えていると考えられます。脂肪肝が見つかるのは、人間ドックなどで超音波の検査を受けたり、健康診断で肝機能の異常が見つかった後に肝炎ウイルスがなかったりしてわかる場合がほとんどというのが現状です。

■「脂肪肝」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
脂肪肝は食事を「食べなすぎ」でなる場合がある

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事