ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ヒハツが冷え性の原因となるゴースト血管を解消

血管はなくなったり、新生といって新しくできたりするもの。冷え性の原因となるゴースト血管は、ゴーストという名前がついているとおり、復活させることができます。そこで、ゴースト血管を予防・改善する方法を紹介しましょう。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ヒハツが冷え性の原因となるゴースト血管を解消

ヒハツがゴースト血管を改善する

冷え性の原因となるだけでなく、体にさまざまなトラブルを引き起こすとゴースト血管は、ある食材を摂ることで改善が期待できるといいます。それが「ヒハツ」という名前のスパイスです。

沖縄で古くから親しまれ、ソーキソバなどに使われる島コショウやロングペッパーと呼ばれる香辛料は、このヒハツなどを原料として作られたもの。紀元前400年ごろ、西洋医学の祖であるヒポクラテスがその薬効に注目したといわれます。

また、インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、ヒハツは体の冷えをとり長寿を促す薬として知られているもの。その味は、コショウにウコンが入ったかのような苦みがあります。

ヒハツの食べ方はコショウ代わり

ヒハツの食べ方は、コショウの代わりに使うのがおすすめ。たとえば肉にまぶして下味をつけたり、麺類やスープなどでふだんコショウを使うところをヒハツに代えるだけでよいのです。

余計な手間は一切不要。さまざまな料理にちょい足しするだけで、おいしく簡単にゴースト血管を改善。冷え性の原因を根本的に解消してくれます。

ヒハツの摂取量の目安は、いろいろな食事に使用して1日で小さじ半分、およそ1g程度。ちょっとずつ続けて食べるようにするのが、長続きするコツです。最大でも、小さじ1杯ほどにとどめておきましょう。

■「毛細血管」おすすめ記事
毛細血管が消える「ゴースト血管」のチェック法
冷え性の原因は毛細血管のゴースト化にあった!
毛細血管がゴースト化してしまう3つの原因とは

■「冷え性」おすすめ記事
冷え性が治るツボ!梨状筋をボールでほぐす
梨状筋が引き起こす下半身型冷え性のメカニズム
梨状筋ストレッチで坐骨神経痛や冷え性が改善
冷え性対策には朝に飲むコップ1杯の冷たい水

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事