ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

毛細血管が消える「ゴースト血管」のチェック法

毛細血管が消える「ゴースト血管」は、体の老化から危険な病気までさまざまな体の不調の原因です。実際、肌荒れやシワなど肌の不調を抱えている人の毛細血管を見ると、たしかに弱っている様子でした。ゴースト血管のチェック法を紹介します。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
毛細血管が消える「ゴースト血管」のチェック法

毛細血管が消えるゴースト血管とは

指先の細い血管を特殊なカメラで350倍に拡大した映像を見ると、毛細血管がイトミミズのように動いていることが観察できます。正常な毛細血管の場合、ほぼ等間隔に並んでいて1本1本がまっすぐに伸び、先端がU字型になっているのが特徴です。

しかし、不調のある人の毛細血管を見てみると、くねくねとねじれているうえに、等間隔ではなくまばらに見えます。じつはこれ、もともとあった毛細血管が消えてしまった場所なのです。

このように、ちゃんと流れていない毛細血管をゴースト血管といいます。ゴースト血管は、本来ある毛細血管のU字形のところが減ってしまって、なくなったかのようになっている状態です。

ゴースト化して流れが悪くなったところがずっと持続すると、血管がなくなることも…。毛細血管がなくなると、その部分に十分な酸素や栄養が届かなくなります。老廃物も排出されずに溜まってしまうのです。

毛細血管のゴースト化のチェック法

じつは、不定愁訴など体の不調を抱えている人は、このように毛細血管が減っている場合が多いといいます。20~70代で肌の不調を自覚していた人の毛細血管を調べた結果、15人中14人に異変があったほどです。

そこで、自分の毛細血管がゴースト血管かどうかをチェックする方法を紹介しましょう。質問はぜんぶで5つ。当てはまる項目を数えてください。

【ゴースト血管チェック】
1.最近、白髪が増えた
2.目が疲れやすくなった
3.目の下にクマができしゃすくなった
4.体がむくむことが増えてきた
5.睡眠をとっても疲れが抜けない

1つでも当てはまればゴースト血管の可能性があります。2つ、3つと項目が増えていくにつれて、ゴースト血管がひどくなっていることが考えられるのです。

このうち5項目めは体の内部の毛細血管の話。臓器にも毛細血管はたくさんあります。毛細血管がゴースト化すると、肝臓や腎臓の解毒がスムーズに行われなくなって、疲れが抜けにくくなるという症状が現れるのです。

■「毛細血管」おすすめ記事
冷え性の原因は毛細血管のゴースト化にあった!
毛細血管がゴースト化してしまう3つの原因とは
ヒハツが冷え性の原因となるゴースト血管を解消

■「血管」おすすめ記事
抗酸化作用で血管が若返るチョコの成分とは?
血管年齢を下げるなら2時間おきにチョコを食べる
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
お腹ぽっこりを解消すれば血管年齢が若返る!
名医が実践!血管年齢を若返らせる3つの方法
脳血管性認知症は「感情失禁」が典型的な症状

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事