ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

尿の色がふだんと同じでも再検査は必ず受ける

尿の色がふだんと同じにもかかわらず、健康診断の尿検査に潜血反応が出たといわれても多くの人が首をかしげるはず。再検査は必ず受けなければなりません。尿の色に変化がなくても、わずかな異常が重大な疾患のきっかけとなることがわかってきたのです。



スポンサーリンク
尿の色がふだんと同じでも再検査は必ず受ける

尿の色は普通の黄色という血尿が多い

健康診断などで見つかる血尿はほとんどが一過性。血尿といっても潜血反応が出ただけで、尿の色は普通の黄色という場合が多いのです。しかし、こういった血尿は顕微鏡的血尿といわれ、重大な疾患が隠されている場合があります。

とくに、尿の色の変わらない顕微鏡的血尿は膀胱がんの発見に効果を発揮。顕微鏡的血尿が検出された40代以上の喫煙男性が5人いたら、そのうち1人は膀胱がんといわれるほどです。

尿検査で潜血反応が出ているにもかかわらず、尿の色がふだんと同じだからといって再検査を受けないのは大間違いです。尿検査は血液検査と比べて体の負担が少ないぶん、結果をあまり重要と考えない傾向があります。

尿の色が変わらなくても重大な病気

しかし、尿の色が変わらなくても潜血反応のわずかなサインに重大な病気が潜んでいるのです。尿検査の潜血反応による再検査は、検査のやり直しという意味ではありません。あらためて精密検査をするという意味なのです。

尿検査は自宅でもできます。尿の試験紙は調剤薬局で購入が可能です。1枚あたり100円程度で買うことができます。尿の色に変化がなくても、月に1回程度で検査をするとよいでしょう。

自宅で試験紙で尿検査して潜血反応が出た場合、その後の病院での精密検査の費用には保険が適用されます。精密検査は腎臓内科や泌尿器科で受診可能。一般内科などでは、精密検査を受けられない場合もあるので気をつけてください。

■「尿の色」おすすめ記事
尿の色ではわからない「見えない血尿」とは?
血尿の色は真っ赤じゃないほうがむしろ危険
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
健康診断の「再検査」の誤解が招く危険とは?
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!

■「血尿」おすすめ記事
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由
「水腎症」は別の病気が隠れているメッセージ

■「尿」おすすめ記事
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事