ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

糖尿病予備軍もわかる皮膚症状セルフチェック

日本人の「6人に1人」が潜在患者といわれている「糖尿病」。初期では症状がほとんど出ないため、病気の発見が非常に難しい病気です。そこで糖尿病の「皮膚症状セルフチェック」を活用しましょう。4月1日放送『たけしのみんなの家庭の医学』の「いま気をつけるべき病ランキングSP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
糖尿病予備軍もわかる皮膚症状セルフチェック

糖尿病予備軍でも皮膚症状が現れる

この「皮膚症状セルフチェック」が注目されているのは「糖尿病予備軍」も早期発見できるところ。病気の初期段階ですら発見が難しい病気ですが、血糖値が通常より高くなれば、糖尿病予備軍でも皮膚症状が現れるのです。

また、通常の血液検査で血糖値が正常でも、食後の血糖値が通常の2~3倍まで上がってしまう人もいます。そういった人は「隠れ糖尿病」とも呼ばれ、なかなか健康診断だけでは発見できないもの。それが皮膚症状であれば、しっかり見つけることができるというわけです。

【皮膚症状チェック①】

  1. スネの前側
  2. 1~2cm程度の大きさ
  3. 茶色のシミ
  4. 5~6個以上

加齢によるシミは、腕や首、胸など日光に当たりやすい場所にできるもの。スネに茶色いシミが6個以上ある場合は、糖尿病の可能性があるため注意が必要です。

【皮膚症状チェック②】

  1. 手首や肘の関節周辺
  2. 1cm前後の大きさ
  3. 盛り上がった中心が凹んでいる
  4. 硬さがある

これらの皮膚症状で発見できるということは、太い血管にダメージが行く前ということ。太い血管がダメージを受けていると、最悪の場合は切断するなどの措置が必要なこともあります。

症状が進行する前に皮膚科を受診して、糖尿病を見つけることが大切です。こういった皮膚症状が1ヶ月以上治らない場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

■「糖尿病」おすすめ記事
しびれがヨコに現れたら「糖尿病」のサイン
血糖値を下げる糖尿病治療「食前キャベツ」とは?
「指先のしびれ」その原因を見分ける方法!!

■4月1日放送『たけしのみんなの家庭の医学』
【いま気をつけるべき病ランキングSP】
放置すると危険な水ぶくれ「類天疱瘡」とは
皮膚に出る赤いポツポツは「糖尿病」が原因
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
従来の治療法で治らない「蓄膿症」が増加中

■「皮膚」おすすめ記事
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事