ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

心房性ナトリウム利尿ペプチドは日本人が発見

「ANP」は心臓の筋肉から分泌される血圧改善ホルモン。ANPの正式名称は「心房性ナトリウム利尿ペプチド」です。英語名である「Atrial Natriuretic Peptide」の略になります。心房性ナトリウム利尿ペプチドを解説します。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
心房性ナトリウム利尿ペプチドは日本人が発見

心房性ナトリウム利尿ペプチドの発見

心房性ナトリウム利尿ペプチドは、1984年に日本の研究者らによって世界で初めて発見されたもの。そして現在、心房性ナトリウム利尿ペプチドは日本人にも多いがんに対しても、効果があることがわかっています。

この心房性ナトリウム利尿ペプチドを使ったがんの治療法が実用化されると、ノーベル賞受賞の可能性もあるといわれるほど。心房性ナトリウム利尿ペプチドの効果は世界の医学界から注目されています。

がんは体中のどこにでもできるものですが、心臓のがんというのは聞いたことがありません。じつは心臓にがんができない理由の1つが、心房性ナトリウム利尿ペプチドといわれているのです。

心房性ナトリウム利尿ペプチドの効果

これは心房性ナトリウム利尿ペプチドががんをやっつけるというわけではなく、がんを抑制する効果があると考えられます。実際、がんの手術を受けた患者さんに心房性ナトリウム利尿ペプチドを投与すると、がんの再発・転移を抑制したことが証明されているのです。

また、心房性ナトリウム利尿ペプチドは血圧を下げることで心臓への負担を減らすため、心不全の治療薬として使われています。心房性ナトリウム利尿ペプチドはすでに医学界でも認められた血圧改善ホルモンなのです。

この心房性ナトリウム利尿ペプチドの分泌を促すのが水圧の効果。プールなどでお腹より深く10分以上浸かることでで分泌されます。また、心拍数が上がることでも分泌されます。息が弾むくらいの運動をするだけで、心房性ナトリウム利尿ペプチドの分泌が促されるのです。

■「血圧」おすすめ記事
血圧が高い人の「やってはいけないことリスト」
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!
血圧の変動幅を抑えるためのポイントとは?
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
低血圧の人が朝に弱いというのはウソだった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。