ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

変形性膝関節症の治療法は生姜を毎日食べるだけ

長時間歩いたときに膝がこわばって痛みをおこす病気。それが変形性膝関節症です。ひざの関節でクッションの役割を果たしている軟骨がすり減り、炎症がおきることで痛みが発生します。そんな変形性膝関節症は生姜で予防できるのです。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
変形性膝関節症の治療法は生姜を毎日食べるだけ

変形性膝関節症の原因は加齢

変形性膝関節症の潜在患者数はなんと4人に1人の、およそ3千万人。まさに国民病です。変形性膝関節症の大きな原因は、誰もが避けて通れない加齢にあります。

人は立っているとき当然、体重ぶんの重さがひざにかかっているもの。歩くことで驚くほどの重量がひざにかかり始めます。それはなんと、体重のおよそ3倍です。

体重50㎏の人の場合、一歩踏み出すたびに150㎏という大きな負荷がひざにかかり、軟骨を圧迫。これを私たちは数十年にわたって行うことで、軟骨をすり減らし、ひざに痛みを感じるようになるのです。

変形性膝関節症の治療に生姜

ある調査によって、最初にひざの痛みを感じた年代が明らかになりました。それは、なんと40~50代が多いという結果になったのです。ひざの異常は高齢者だけでなく、こんなにも早く始まってしまうのでした。

しかも、一度おこった変形性膝関節症は、あれやこれや対処しても簡単には治ってくれません。そんな厄介極まりないひざ痛を、治療する効果が期待できる、いま医学界で注目されている食材があるのです。

しかも食べることで、ひざ痛を治療できる可能性がある食材は、これまで報告が少ないもの。その存在自体が非常に貴重なものといえます。変形性膝関節症の治療に効果のある食材とは生姜なのです。

■「変形性膝関節症」おすすめ記事
変形性膝関節症と思ってたら意外な方法で治った
変形性膝関節症に治療にまた走れる手術がある
変形性膝関節症の治療は運動療法だけでも改善
変形性膝関節症の手術は最終的の手段が人工関節

■「膝」おすすめ記事
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ
膝の痛みの原因は足のスライド運動で解消する!!
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
ひざ痛が解消!驚きの「足のスライド運動」
ひざ痛はコリが原因「お皿のストレッチ」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事