ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

意味がない!!むち打ちで付ける首コルセット

「むち打ち症」になると首に付ける「コルセット」は、じつはまったく意味がないことをご存じですか? 3月8日放送『ジョブチューン』の「医者ぶっちゃけSP!病気の常識を覆す!!」で紹介されていました。



スポンサーリンク
colorcon2

追突などの交通事故で被害をこうむるのが「むち打ち症」。よく首に固定用のコルセットを付けているイメージがあります。付ける側も恥ずかしい思いをするコルセットですが、外科医が見ていても恥ずかしいとか。いまだにコルセットを出す先生がいるんだな…と見ているのです。

むち打ち症に対して、動かさないで安静にする…というのは、いまや昔の治療法。いまは整形外科のドクターは、むち打ち症でコルセットを出すことはありません。ただし、脊椎の専門の先生が安静にするという目的で出す場合はあるといいます。

現在のむち打ち症の治療は、固定はせずに動かせる範囲で動かしながら治すもの。なるべく早いうちからストレッチや体操などのリハビリを始めた方が治りが早いというデータがあるのです。

■「首」おすすめ記事
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
緊張型頭痛を解消するカンタン首こりストレッチ
頭痛を治すなら首のインナーマッスル体操が効く

■3月8日放送『ジョブチューン』
【医者ぶっちゃけSP!病気の常識を覆す!!】

便秘の人は「くも膜下出血」になりやすい!?
部屋が「真っ暗」だとじつは熟睡できない!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事