ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

マラセチア菌が増えるとおこるのが脂漏性皮膚炎

マラセチア菌とは一般的に皮膚に住み着いているカビの一種。このマラセチア菌が増えるとおこるのが脂漏性皮膚炎です。マラセチア菌を増やす原因は皮脂が多い状態にあります。そこで、マラセチア菌の増加を防ぐ方法を紹介しましょう。『駆け込みドクター』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
マラセチア菌が増えるとおこるのが脂漏性皮膚炎

マラセチア菌が増えて脂漏性皮膚炎

高校生のときから顔の脂やかゆみ悩む女性。顔全体の皮脂が多いため、湿気の多い季節はとくに症状が悪化するといいます。そこで、顔の表面にある皮脂をとって顕微鏡で検査してみました。

すると、そこで見つかったのはマラセチア菌というカビの一種。カビの一種といえども、一般的に皮膚に住み着いている菌です。マラセチア菌は皮脂を好んで食べて酸を出します。この酸の量が増えると、炎症を引き起こすのです。

マラセチア菌が増えるとおこるのが脂漏性皮膚炎。脂漏性皮膚炎とは、頭皮や顔におこりやすい病気。患部は赤くなり、皮膚がはがれかけた状態になります。放っておくと、酸化した皮脂が加齢臭のようなにおいを放つ病気です。

マラセチア菌の増加を防ぐ方法

マラセチア菌を増やす原因は、皮脂が多い状態を放っておくことはもちろん、洗顔フォームの洗い残しにも注意しなければなりません。

マラセチア菌の増加を防ぐ方法は、湿気の多い季節は朝と夜の1日2回の洗顔。そして、洗い残しがないようにすることが大切です。とくに髪の生え際や鼻の横などをよくすすぐことを心がけます。

ただし、洗いすぎには注意が必要です。洗いすぎると皮膚を守ろうとして、余分な皮脂が分泌。結果的に、マラセチア菌が増えることになります。マラセチア菌の増加を防ぐには、正しい洗顔と保湿が大切です。

■「マラセチア菌」おすすめ記事
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった
マラセチア毛包炎とは顔カビが原因の体ニキビ
マラセチア毛包炎にニキビ薬を塗ると大増殖する

■「ニキビ」おすすめ記事
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事