ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

良性発作性頭位めまい症の症例と自宅で治す方法

激しいめまいで病院に来る患者のうち、じつに半数以上は良性発作性頭位めまい症。良性発作性頭位めまい症は自宅で治せる病気です。実際の良性発作性頭位めまい症の症例を見ながら、病院へ行かずにめまいを治す方法を紹介します。『ためしてガッテン』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
良性発作性頭位めまい症の症例と自宅で治す方法

良性発作性頭位めまい症が発症した

68歳の女性にはじめて良性発作性頭位めまい症のめまいが発症したのは2年前。ある日、立ち上がった瞬間に激しいめまいに襲われたのです。病院で検査を受けたものの脳は異常なし。めまいの原因は病院でもわからないままでした。

1か月後、今度は車から降りたとたんに再び激しいめまいに襲われます。それからというもの、毎日のようにめまいが発生。めまいは朝に集中しています。女性は病院を転々しますが、結局めまいの原因は不明のままでした。

そんなときに出会ったのが、自宅でめまいを治す治療法です。寝る前に仰向けになって天井を見て10秒、顔を右に向けて10秒、また天井を見て10秒、左に向けて10秒…と顔の向きを変えるだけ。これで翌日からめまいが治ったのです。

良性発作性頭位めまい症の治療法

37歳の女性がめまいに襲われたのは、朝に布団から出ようとしたとき。まるで船に乗っているようで、とにかく気持ち悪かったといいます。それ以降、何度も激しいめまいに襲われるようになりました。

しかし、この女性も病院に行かずに、枕を変えることによってめまいが改善したのです。もともと枕を使っていなかった女性が少し高い枕を使い始めたところ、たった一週間でめまいが治りました。

じつは、2つ症例とも良性発作性頭位めまい症。良性発作性頭位めまい症は、三半規管に入った耳石のかけらが原因です。

顔の向きを変える治療法は、耳石のかけらを三半規管内で移動させて砕けさせています。一方、少し高い枕を使うのは三半規管を耳石よりも高い位置に保持。耳石のかけらが三半規管に入っていきにくくなるというわけです。

■「良性発作性頭位めまい症」おすすめ記事
良性発作性頭位めまい症を自分で治療&予防する
良性発作性頭位めまい症は1分でめまいが収まる
良性発作性頭位めまい症は7~8割は自宅で治る!!
良性発作性頭位めまい症の原因は耳石のかけら?

■「めまい」おすすめ記事
めまいの原因がわからないなら偏頭痛を疑え
めまいは病院へ行かずとも半数以上は自宅で治る
回転性のめまいなら耳鼻咽喉科を受診すべし!
耳石を出してめまいを治すゴッドハンド治療法
めまいの原因の半数以上は「耳石」のかけら

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事