ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

良性発作性頭位めまい症がおこるメカニズムとは

激しいめまいで来院する患者のうち、半数以上は良性発作性頭位めまい症です。良性発作性頭位めまい症は、耳石のかけらが三半規管に入ってしまうことでおこります。良性発作性頭位めまい症の原因を詳しく見ていきましょう。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
良性発作性頭位めまい症がおこるメカニズムとは

良性発作性頭位めまい症の原因

激しいめまいを感じる良性発作性頭位めまいの原因は「耳石のかけら」です。耳の奥には内耳と呼ばれる部位があり、そこにある2つの四角い石のようなものが耳石です。

耳石の役割は体のバランスをとること。2つ耳石は毛のようなものに乗っていて、体の前後左右の動きや上下の動きをそれぞれ感知しています。耳石はカルシウムの塊。ちょっとした衝撃や老化で一部が欠けるもろいものです。

一方、同じ内耳にある三半規管も体の動きを感知するセンサー。半円形をした3つのチューブ状の器官で構成されています。それぞれのチューブ状の器官が、X軸・Y軸・Z軸の動きを感知する仕組みです。

良性発作性頭位めまい症の治療

三半規管はリンパ液という液体で満たされているもの。そこに、感覚毛と呼ばれる器官があって、液体の動きによって動きを感知しています。この三半規管内に、耳石のかけらが入り込んでしまうことがあるのです。

三半規管に耳石のかけらが入ってしまうと、リンパ液の流れに波のようなものが発生。体が揺れていないにもかかわらず、揺れていると感覚毛が感知してしまいます。これが良性発作性頭位めまい症の原因です。

このため、良性発作性頭位めまい症は耳石のかけらを取り除くことで治ります。仰向けになって顔を10秒ずつ右・正面・左と動かすことで、耳石のかけらを三半規管内で徐々に砕けさせる治療法が知られています。

■「良性発作性頭位めまい症」おすすめ記事
良性発作性頭位めまい症を自分で治療&予防する
良性発作性頭位めまい症は1分でめまいが収まる
良性発作性頭位めまい症は7~8割は自宅で治る!!
良性発作性頭位めまい症の原因は耳石のかけら?

■「めまい」おすすめ記事
めまいの原因がわからないなら偏頭痛を疑え
めまいは病院へ行かずとも半数以上は自宅で治る
回転性のめまいなら耳鼻咽喉科を受診すべし!
耳石を出してめまいを治すゴッドハンド治療法
めまいの原因の半数以上は「耳石」のかけら

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事