ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

緑内障の症状で信号機が見えてないかもしれない

緑内障とは視野が欠けていく病気。しかし、緑内障の症状に気づかずに生活する人が多いのです。緑内障の症状はなぜ気づくことができないのでしょうか? それは視野がかけても気づけないからです。目の2つの重要な機能が関係しています。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
緑内障の症状で信号機が見えてないかもしれない

緑内障の症状に気づきにくい目の機能

緑内障の症状で、たとえば左目は上部の視野が欠損していて、右目が右下の視野が欠損しているとしましょう。ここで左右それぞれの目で見れば、視界はそれぞれ欠損して見えます。

しかし、両目で見ると視野を補い合うことで、ほとんど欠損が分かりません。片目だけでは見えない部分を両目で見ることで補正する機能が、目には備わっています。これが緑内障の症状に気づきにくい目の重要な機能です。

緑内障の症状で、今度は両目の視野とも上部が欠損しているとしましょう。この状態で車に運転すると、当人は何の違和感を感じません。しかし、信号機がまったく認識できていないことがあるのです。

緑内障の症状で視野の欠損は周囲から

これがフィリングインという目のもう1つの重要な機能。本来なら信号機がかすんでしまうところを、まわりの景色から情報を作り出して、勝手に埋めてしまいます。

その結果、信号機は見えていないものの、同じような空の景色に補正されていたため、視野の欠損に気づきません。もしかしたら、信号機を認識せずに運転しているかもしれないのです。

緑内障の症状で視野が欠損するのは真ん中ではありません。真ん中ならすぐに気づくことができるのですが、多くの場合は周囲から欠損します。だからこそ、緑内障の症状は気づきにくいのです。

■「緑内障の症状」おすすめ記事
ケアレスミスは緑内障の症状かもしれない!?
緑内障が原因かもしれないケアレスミスとは?
緑内障の症状は脳が補正するから気づきにくい
2日で失明してしまう急性緑内障の症状とは
白内障・緑内障の症状がわかる「目の危険度チェック」

■「緑内障」おすすめ記事
緑内障の最新検査は光コヒーレンストモグラフィ
「緑内障」インプラント手術が保険適用に!
緑内障の治療は目薬を処方されるだけだった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事