ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

軽度認知障害を早期発見するための注意力テスト

軽度認知障害で最初に衰えてくるのが注意力です。逆にいえば、軽度認知障害の早期発見のポイントは、注意力の低下にいち早く気づくことになります。そこで、注意力が低下しているかをテストする方法を紹介しましょう。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
軽度認知障害を早期発見するための注意力テスト

軽度認知障害を発見する注意力テスト

軽度認知障害を早期発見するための、注意力テストのやり方です。それは、あらかじめ用意された動物や昆虫、乗り物、道具などが12点描かれた絵を見てもらいます。その後、そこに動物が何個描かれていたか思い出してもらうのです。

動物のイラストは6個描かれていましたが、このうち3個以上を思い出せればテストはクリア。2個以下の場合は軽度認知障害の可能性があるということです。

このテストは脳の注意力を調べるもの。注意力とはさまざまな刺激や情報に、幅広く集中する能力のことです。軽度認知障害は、この注意力の低下から始まることが多いのです。

軽度認知障害は注意力の衰えが原因

このテストのポイントは、事前に何を覚えるかを指定しないこと。事前に「これから出る動物を覚えてくください」と指示されていれば、覚えられる個数はもっと増えるはず。意識して集中を高めているからです。

しかし、何を答えるかわからないまま絵を見ると、一度にたくさんの情報が入ることになります。その結果、幅広く集中する注意力が衰えていると、おのずと覚える数が減ってしまうというわけ。だから注意力がテストできるのです。

このほか、何かをしに2階に上がったら要件を忘れたり、鍋を火にかけたのちに洗濯物を畳んでいたら吹きこぼしたり…。これらも注意力の衰えが原因でおこる現象。軽度認知障害の可能性があります。

■「軽度認知障害」おすすめ記事
軽度認知障害の人の記憶力を向上させる方法
軽度認知障害に気づけば20%は認知機能が戻る
軽度認知障害を早期発見するための注意力テスト

■「認知機能」おすすめ記事
夫婦の会話で記憶力アップ「ほめあい作戦」
「記憶力」は大人になってからもアップする
記憶力がアップする食べ物はカレーだった!!
記憶力アップには自宅の間取りをイメージする
記憶力をアップさせる魔法の呪文を発見した!
記憶力アップには週3回の有酸素運動が効果的

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事