ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

足のむくみの原因が甲状腺機能低下症だった症例

一般的に足のむくみの原因は、重力により溜まった水分。下半身に血液が滞留して水分が染み出しておこります。しかし、足のむくみの原因が「甲状腺機能低下症」のこともあるので要注意。具体的な症例を見ていきましょう。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
足のむくみの原因が甲状腺機能低下症だった症例

足のむくみは原因不明のまま悪化した

24歳の女性は趣味が登山。スポーツジムのインストラクターをするほど足腰には自信があります。ところが3年前、ふくらはぎとひざ裏にかけてむくみが出たのです。なぜか朝も夜も関係なく、足がむくむようになりました。

そこで、血流をよくしようと毎日入念なストレッチを行います。しかし、足のむくみは一向に解消しません。むくみをやわらげる専用のストッキングも効果なし。足のむくみは原因不明のまま、どんど悪化していきました。

そして、その5か月後、驚きの事実が判明します。健康診断の結果に「要精密検査」という判定が出たのです。女性の体の中では、とんでもない異変が進行していました。

足のむくみの原因は甲状腺機能低下症

健康診断で見つかったのは心陰影の拡大。心臓が大きくなっていたのです。同じ症状のX写真を見てみると、通常の心臓と比べて確かに腫れています。こうなると心臓から送り出される血液が3~5割も低下するのです。

実際、この女性も普通に寝ているときに息ができずに目が覚めるという現象を経験。そのまま死んでしまうかと思ったといいます。

この女性の病名は甲状腺機能低下症。甲状腺ホルモン剤を飲むようになって、症状は改善したといいます。甲状腺ホルモンが減少したことが、足のむくみの原因だったのです。甲状腺ホルモン剤を飲み始めることで、次第に症状は改善しました。

■「足のむくみ」おすすめ記事
足のむくみ解消なら半身浴でなく40度の全身浴
足のむくみ解消にはローファーが効果的だった
足のむくみが病気によって引き起こされた症例

■「むくみ」おすすめ記事
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
ふくらはぎのむくみに重大な病気が隠れている
顔のむくみ解消にはアボガドを食べるとよい理由
むくみ解消の食べ物対決「おかひじきvs.バナナ」
お腹痩せ即効マッサージでむくみがスッキリ解消

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事